『PRODUCE 101 JAPAN』プロジェクトリーダー・崔信化が語る、デビュー組11人への"親心"

2019/12/11 17:00

いよいよ"日本版プデュ"こと『PRODUCE 101 JAPAN』の最終決戦が、12月11日(水)19時よりTBS系にて放送される。デビューを勝ち取る11人の練習生は誰になるのか――? 日本のエンターテインメント界において過去最大級の番組制作規模で行われている同プロジェクト。プロジェクトリーダーを勤める崔信化さんに、『PRODUCE 101 JAPAN』の舞台裏や練習生たちへの思いを語ってもらった。

サムネイル
『PRODUCE 101 JAPAN』プロジェクトリーダーの崔信化氏


【GYAO!独占】『PRODUCE 101 JAPAN』本編全話無料配信中>>

今からでもまだ間に合う『PRODUCE 101 JAPAN』ダイジェスト映像>>

■オーディション番組を復活させたかった

――これまでアイドルオーディション番組はいろいろ存在しましたが、練習生101人からスタートして、動画を大量に配信して、視聴者も"国民プロデューサー"として巻き込んで......と、たしかに「過去最大級の番組制作規模」をうたうのも納得です。

相当莫大(ばくだい)な金額がかかっています。びっくりするほどの金額が、本当に、本当にかかっています......(笑)。

サムネイル
「MCにはナインティナインさんが一番似合うんじゃないかと思った」


――(笑)。韓国で大人気の『PRODUCE 101』を日本で行うことを決めたきっかけとは、どんなものだったのでしょうか?

『PRODUCE 101』というブランドを通して、日本から世界に羽ばたくアイドルを作りたかったのが一番の理由ですね。あと、僕が昔『ASAYAN』にスタッフとして関わっていたこともあり、「オーディション番組を復活させたい」という思いもありました。『PRODUCE 101』の国民プロデューサー代表にナインティナインさんを起用したのも、オーディション番組のMCにはナインティナインさんが一番似合うんじゃないかと思ったからなんです。

――韓国版では、すでに芸能事務所に所属している状態の練習生が集まりました。一方、日本版では事務所に所属していない練習生ばかりです。その違いはどこから生まれたのでしょうか?

これは制作過程で非常に悩んだ部分ですが、韓国と比べて、日本で各事務所から練習生を集めるハードルは非常に高いと判断しました。とはいえ、やっぱり素人さんをイチから育てていくのは大変ですね(苦笑)。芸能界での振る舞い方を教え込まないといけない。かといって口うるさくして萎縮させてもいけない。徐々に教えていく、ということを意識しました。

一方で、日本版の練習生たちは、芸能事務所の教育を受けていないぶん、素直に自分を全部出す印象です。個性が立った練習生がそろっているのも日本版の魅力かもしれませんね。

――ほかに韓国版と日本版で変えたことはありますか?

基本的なフォーマットは韓国版のままです。ただ、事務所所属かどうかという部分含め、番組に出ていない部分ではいろいろ違いがあります。番組序盤は韓国でのロケ撮影だったでしょう? あれは101人が座るピラミッドを組むことができるスタジオが国内で押さえられなかったからなんです。合宿場所もなかったので、急きょ韓国で撮影することになりました。

実は4月に『PRODUCE 101 JAPAN』の記者会見を開いたとき、「なんで日本版をやるんだ」「日本版なんて偽物だ」とすごく批判があったんです。どうしたものかと僕も当時すごく落ち込みました(笑)。きっとファンの方々は、日本向けになりすぎて"らしさ"が失われてしまうことを心配したんでしょうね。でも『ツカメ~It's Coming~』のパフォーマンス映像を公開すると、「これは期待できるぞ」という雰囲気に一気に変わり、さらに初回放送を見て皆さん納得していただけたようです。

■有志が"推しMEN"の広告を主要駅に掲出

――『PRODUCE 101』は、ファンの方の盛り上がりもすごいですよね。有志によって、渋谷や池袋など主要駅に"推しMEN"への投票を呼びかける広告が掲出されました。

日本と韓国では著作権に対する考え方が違うため、日本版ではいろいろ難しい部分もあるのかなと考えていたんですが、良い意味で予想が裏切られました。公式で利用可能な素材を公開したところ、駅広告やラッピングバスなど、ものすごい数の宣伝につながったんです。日本で個人が駅広告を出すようなことは難しいだろうと思っていたので、「ポスターとかで周りの人に宣伝してもらえたらいいな」くらいの気持ちだったんですが、驚きですよね。

僕が把握しているだけでも、200~300の広告利用があったんじゃないかな。一番驚いたのが、「生放送のスポットCMを買っていいですか?」という問い合わせでした(笑)。今までのオーディション番組の視聴者とは全然違った盛り上がりです。

――その盛り上がりは、SNSがある時代だからこそ生まれたものだと考えていますか?

SNSは大きいと思います。権利の問題に厳しい日本で、一般の方々に素材を渡すことでどんなトラブルが起こりえるのか? 僕らの中でもかなり議論したんですよ。でも現代においてSNSの活用は絶対必要なものなんだと実感しました。だからこそデビュー後もうまくSNSを利用していけないか考えているところです。

11人がデビューして本格的にマネタイズしていく中で、たとえば全員の"推しカメラ(特定メンバーのパフォーマンスを追い続けたカメラ映像)"を無料公開するのか、有料コンテンツとして提供するのかみたいな線引きも必要になってくるでしょう。ただ僕個人としては、デビュー後も無料公開できるものはどんどん公開していったほうがいいんじゃないかと感じています。

■「どうしても親の気持ちになっちゃうんですよね(笑)」

――番組が進むにつれて、練習生の皆さんがどんどんあか抜けていくのに驚きました。ヘアメイクに関して何かアドバイスはしているのでしょうか?

それは全然していません。「髪の色を変えるといいよ」みたいなアドバイスを誰かにすると、自分はアドバイスされた/されていないという不公平感が出てしまいます。オーディション番組である以上、僕たちスタッフは練習生に対して公平に接する必要がありますからね。なので、練習生たちは自分で見せ方をいろいろ考えて、ヘアメイクを決めています。

サムネイル
「どうしても親の気持ちになっちゃうんですよね(笑)」


――まさかセルフプロデュースの結果だったとは......!

きっと、まだまだ変わっていきますよ。これからデビューして、1年後にはさらに変化した姿をお見せできるでしょう。なんといっても、アイドルグループとしては、まだスタートもしていません。本当のスタートは11人が決まってからです。

――デビューするアイドルグループがこういう形になればプロジェクトは成功と言える、というビジョンはありますか?

日本を飛び出し、世界的に活躍するグループになってほしいです。そのためには準備を徹底的にしなければいけません。海外で笑われて終わりという結果になっては、今まで応援してくださった国民プロデューサーの方々に対して恥ずかしいですからね。あと、プロジェクトを通してメンバーたちが人間として成長できるといいなと思っています。「この番組があって、スタッフや国民プロデューサーの方々の支えがあって、だから自分がデビューできたんだ」としっかり自覚したうえで売れてほしいですね。

最初の面談のとき、練習生たちには「常に感謝の気持ちを持って、1日100回でも200回でもあいさつをしてください」と伝えました。立場が偉い偉くないではなく、自分たちを支えてくれているのは、どのスタッフさんも同じです。そういう感謝の経験は、練習生たちにとっても良い勉強になったんじゃないでしょうか。

――練習生たちの今後の人生まで見据えていますね。

どうしても親の気持ちになっちゃうんですよね(笑)。プロジェクトリーダーという立場ではありますが、脱落者が出たときは本当につらい。お別れする場面はスタッフたちもみんな集まるんですが、私はすごく悲しくなっちゃうから行けないんです。

オーディション番組でお互い競う関係ではありますが、子供たちは本当に仲が良いんですよ。「もっと本気でバチバチしたほうがいいんじゃないかなぁ?」と思ったりもするんですが、普段からすごく仲良しですし、もうこれでいいんじゃないかと思っています(笑)。

――規模は大きくても、すごく温かい気持ちで行われているプロジェクトなんだなと感じます。

僕も今までたくさんの方々のお世話になりながら仕事をしてきました。みんなに愛される存在になるためには、歌や踊りのうまさとは別に、人間としても成長していかなければなりません。僕が子供たちに求めるのは、「人に優しく、国民プロデューサーさんへの感謝を常に忘れないでほしい」ということです。大勢に支えられているのだから、何か間違いを犯したときは、全員への裏切りになってしまう。連帯責任のつもりで、1人が間違えたときは、年齢や立場関係なくお互い教え合ってほしいと普段から伝えています。

――いよいよデビューする11人が決まります。11人に願うことは何でしょうか?

とにかく楽しんでもらいたいですね。僕らがサポートするので、楽しく遊ぶような気持ちでひとつひとつの仕事に取り組み、軽やかに世界に飛び出していってほしいです。


サムネイル
『PRODUCE 101 JAPAN』プロジェクトリーダーの崔信化氏



■『PRODUCE 101 JAPAN』とは?
プロデュース101(ワンオーワン)は、日本のエンターテインメント界で過去最大級の番組制作規模で行われる巨大プロジェクト。応募総数6000人の中から選ばれた101人の練習生たちが、デビューを目指して過酷な競争を繰り広げる。視聴者は、11人の"推しMEN"に投票が可能。"国民プロデューサー"となった視聴者の国民投票によって勝ち残った11人だけが、2020年にボーイズグループとしてデビューすることができる。

■トレンドニュース「視線の先」 ~築く・創る・輝く~
エンタメ業界を担う人が見ている「視線の先」には何が映るのか。
作品には、関わる人の想いや意志が必ず存在する。表舞台を飾る「演者・アーティスト」、裏を支える「クリエイター、製作者」、これから輝く「未来のエンタメ人」。それぞれの立場にスポットをあてたコーナー<視線の先>を展開。インタビューを通してエンタメ表現者たちの作品に対する想いや自身の生き方、業界を見据えた考えを読者にお届けします。

【GYAO!独占】『PRODUCE 101 JAPAN』本編全話無料配信中>>

今からでもまだ間に合う『PRODUCE 101 JAPAN』ダイジェスト映像>>

(取材・文/原田イチボ@HEW
(撮影/ナカムラヨシノーブ)