さまぁ~ず、カップ麺の"ビッグサイズ志向"に物申す「飽きる前に食べ終わるくらいがちょうどいいのに」

2019/12/10 18:54

12月9日放送の『さまぁ~ず×さまぁ~ず』で、さまぁ~ずの2人が食べ物や飲み物のサイズについて熱く語った。

サムネイル
ペヤングソースやきそば(イメージ)


ペヤング、カップヌードル、コーヒー......ビッグのほうがいい? さまぁ~ず白熱トーク>>

同放送回で、さまぁ~ずの三村マサカズが、通常サイズの"ペヤングソースやきそば"を買いたいのに、よく行くコンビニには特大サイズしかないと不満を口にした。「おれはあの(通常)サイズが好きなの。腹八分目で終わるというか、飽きる前に食べ終わるくらいがちょうどいいのに」と話す三村。"ペヤングソースやきそば"に限らず、「最近のデカくしていくシリーズは良くないと思う」と持論を展開すると、これに相方の大竹一樹も「俺もそう」と同意していた。

「もうちょっと喋(しゃべ)らせてもらってもいい? 笑いなんか一個も入ってないけど」と、さらにヒートアップする三村は、ホットコーヒーについても量が多いと言い出した。これにすぐさま「分かる」と再び同意した大竹だったが、これに共感するのは、どうやらさまぁ~ずだけらしい。大竹は、以前もスタッフとこの話題になった際に、(放送)作家に「いやいや、多い方がいいでしょ? お金持ってるんですか?」と言われたそうだ。三村と大竹は口をそろえて「お金がない時からそうだった!」と憤り、スタジオに笑いが起こっていた。

「でも(多くなくていいという自分らと)同じくらい、多い方がいいってやつもいるよね」と大竹が冷静に言うと、三村は今度は「お得な世の中に物申したい!」と持論を展開。「お得ってそんなに良いかい?"損"と書いたものも出してもらいたい!」と言い出し、再び笑いを誘っていた。

ペヤング、カップヌードル、コーヒー......ビッグのほうがいい? さまぁ~ず白熱トーク>>

(文/東恩納三沙子@HEW