木村拓哉プロデュース、大島優子&三浦翔平が"プロポーズシーン"に挑戦

2019/12/16 11:40

木村拓哉のウェブ番組『木村さ~~ん!』第72回では、前回に引き続き、女優の大島優子と俳優の三浦翔平が登場。東京タワーに向かった一行は、木村の提案で、大島と三浦を主演にした"プロポーズシーン"の撮影に挑戦した。

サムネイル
木村拓哉の初めてのWEB番組「木村さ~~ん!」(毎週日曜、正午更新)


木村拓哉プロデュース、大島優子&三浦翔平W主演!"聖夜のプロポーズ">>

木村が主演を務めるスペシャルドラマ「フジテレビ開局60周年特別企画『教場』」(2020年新春二夜連続、フジテレビ系)のスタッフから、誕生日プレゼントとして贈られたというアルバムを持参した木村。移動中の車内では、収録現場などの写真が収められたアルバムを見ながら、同ドラマで共演する大島優子と三浦翔平と楽しそうに思い出トークを展開した。木村が撮影現場に"かき氷カー"を差し入れしたことや、キャストの演技力を引き上げるために取ったある行動など、なかなか聞くことのできない"ドラマ『教場』の撮影秘話"が明かされた。

サムネイル
『木村さ~~ん!』第72回「木村拓哉、作・演出!?大島優子と三浦翔平の"胸キュン"ショート・ドラマをプロデュース!」


そんな中、番組から行き先が「東京タワー」と聞かされた一行。すると木村は、東京タワーのイルミネーションが切り替わる瞬間を狙って、大島と三浦を主演にした"プロポーズシーン"を撮影しようと持ちかけた。これに大島は「東京タワーでプロポーズ。いいですね」と乗り気な様子。直後に「三浦翔平がどれだけの本気度できてくれるかによる」と発言した。これに三浦が「それずるくない?」と返し、車内に笑いが起こる。一方、プロデューサーを担当すると宣言した木村は、2人のキャラクター設定を細部にわたり確認。大島が三浦に、"逆プロポーズする"というストーリーが決定した。すると大島は「私、言われたいの(言葉)があります」と切り出した。「『私でいい?』と聞いたら、『私"が"いいんだよ』。これがうれしい」と明かすと、プロデューサーの木村は「いただきます」と笑顔で快諾。セリフとして採用されることになった。

木村がプロデューサーを務め、大島と三浦を主演にした"プロポーズシーン"の撮影に挑戦した模様は、無料動画配信サービス「GYAO!」にて配信中だ。

木村拓哉プロデュース、大島優子&三浦翔平W主演!"聖夜のプロポーズ">>

(文/東恩納三沙子@HEW