『グランメゾン東京』が4週ぶりに2位を獲得(12月9日~12月15日期間 ドラマ視聴率ランキング)

2019/12/18 16:41

12月9日~12月15日期間中のドラマを「番組平均世帯視聴率」ランキング形式で紹介(関東地区、ビデオリサーチ調べ)。テレビ朝日系『ドクターX~外科医・大門未知子~』の1位はこれまでと変わらず、前週4位だったTBS系『グランメゾン東京』が第5話以来4週ぶりとなる2位に入った。

サムネイル
「番組平均世帯視聴率」ランキングを紹介(関東地区、ビデオリサーチ調べ)


■第1位 テレビ朝日系『ドクターX~外科医・大門未知子~』第9話(12月12日放送) 18.2%

【無料配信】「ドクターX~外科医・大門未知子~」最新話を配信中>>

"孤高の天才外科医"大門未知子(米倉涼子)の活躍を描いた大人気シリーズの第6弾。テレビ朝日開局60周年記念番組として、約2年ぶりに復活した。

日本が誇るロックスター"勇チャン"こと、九藤勇次(宇崎竜童)が「東帝大学病院」に入院する。大門未知子(米倉涼子)は、九藤が時折見せる"ある症状"が気になっていた。「すぐ検査しよう。急がないと手遅れになる」と説得を試みる未知子の言葉にも、まったく耳を貸さない九藤。案の定、会見中に昏倒(こんとう)し、検査の結果、「後腹膜肉腫ステージIII」が判明した。

同話は、ゲスの極み乙女。の川谷絵音が若きシンガーソングライター・新津多九也役でゲスト出演したことも話題になった。川谷の演技は「さすがです」「自然な演技だった」と好評を博しており、その他「"週刊誌にバレたら嫌"というセリフが最も似合う」といったコメントも見られた。

■第2位 TBS系『グランメゾン東京』第9話(12月15日放送) 14.7%

【無料配信】「グランメゾン東京」最新話を配信中>>

型破りなフランス料理シェフ・尾花夏樹(木村拓哉)が、世界最高の三つ星レストランを作ることを目指し、再び立ち上がる物語。尾花とともに三つ星を目指す女性シェフ・早見倫子役を演じるのは鈴木京香で、木村とは『華麗なる一族』以来12年ぶりのタッグとなる。

第9話では、久住栞奈(中村アン)が「グランメゾン東京」を辞め、再びフードライターに戻ることになった。一方、ミシュランの審査開始時期まであと1カ月となり、倫子はコース料理をリニューアルすることに。尾花も前菜に合うワインも変えたいと提案し、栞奈に最後の仕事として試飲会を開くことを依頼する。3年前の"アレルギー事件"で裏切られたと感じているリンダ(冨永愛)と栞奈は、食材にノロウイルスを混入させ、「グランメゾン東京」をつぶすことで報復を果たそうとする。しかし、もともと尾花の作る料理に惚(ほ)れ込み、料理とワインを愛する栞奈は、結局、ノロウイルスを混入させることはしなかった。

尾花に対する恨みと料理に対する敬意を見事に表現した中村が、「すごく感動した」「アンさんの演技に引き込まれました」と絶賛された回となった。

■第3位 テレビ朝日系『相棒 season18』第9話(12月11日放送) 14.0%

【無料配信】「相棒 season18」最新話を配信中>>

『相棒』は、今年で誕生20年目。杉下右京(水谷豊)と冠城亘(反町隆史)のコンビもついに5シーズン目に突入し、ドラマシリーズ最大級のスケールで制作される。

研究費の横領容疑で逮捕された大学教授・皆藤(中村育二)だったが、それは研究の乗っ取りをもくろむ准教授・佳奈恵(中村優子)がでっち上げた冤罪(えんざい)であることが判明した。右京は、佳奈恵が皆藤を陥れた巧妙な手口を解明したものの、なぜ彼女が危険な橋を渡ってまで皆藤を檻(おり)の中に閉じ込めようとしたのか、動機が掴(つか)めずにいた。そして、いよいよ皆藤が保釈される。右京と亘が今回の事件の背景にまだ見えていない何かがあると感じ捜査を続ける中、ついに皆藤の恐るべき"報復計画"が動き始める......。

一連の事件をたどるうち、海外で起きたテロ事件との関連まで見えてくることに。これには視聴者からも「深い」といった感想が多く上がっていた。

■『警視庁・捜査一課長スペシャル』『科捜研の女』と続く

【無料配信】「警視庁・捜査一課長 スペシャル 《日曜プライム》」最新話を配信中>>

【無料配信】「科捜研の女 season19」最新話を配信中>>

第4位にはテレビ朝日系『警視庁・捜査一課長スペシャル』(12.0%)、第5位には同じくテレビ朝日系『科捜研の女』(11.2%)と続いた。

いよいよ今期ドラマもクライマックス。『グランメゾン東京』は『ドクターX』の牙城(がじょう)を崩すことができるのか、これまでトップ3入りを果たしている日本テレビ系『同期のサクラ』の再浮上はあるのか。最終回に向けて盛り上がりを見せるのは必至だ。

(文/大木信景@HEW

出典:株式会社ビデオリサーチ(ビデオリサーチ調べによる「関東地区」「番組平均世帯視聴率」より)