今泉佑唯が殴られ鼻血、足蹴りで応戦しニヤリ「快感......」

2019/12/19 17:48

Kis-My-Ft2の北山宏光が主演を務めるテレビ東京系ドラマ『ミリオンジョー』第11話が放送された。森秋麻衣役を演じる今泉佑唯のアクションシーンが話題を呼んでいる。

サムネイル
『ミリオンジョー(ドラマパラビ)』第11話


森秋麻衣はなぜ首謀者に? 『ミリオンジョー』第11話無料配信中>>

『ミリオンジョー』は、十口了至・市丸いろはによる同名漫画が原作のドラマ。発行部数3億部を誇る国民的大ヒット漫画『ミリオンジョー』の作者・真加田恒夫(三浦誠己)が急死した。やる気ナシ、作品への愛情ナシの二流編集者・呉井聡市(北山宏光)は、『ミリオンジョー』の連載代行に挑む。

12月18日放送の第11話では、35億円を受け取り逃亡中だった、森秋麻衣(今泉佑唯)、寺師(萩原聖人)、佐藤(永野)の3人を、ついに呉井と岸本(深水元基)が、GPSアプリで見つけ出す。3人を目の前に、呉井は「戻りましょう! 俺は連載を最後まで続けたい」と訴える。一方、「どうやってお仕置きをしようかな」と詰め寄る岸本。

最初に、岸本は佐藤を殴り倒した。次に、寺師の指を折る。そして「首謀者はあんただろ?」と森秋に近づき、「正解」と答えた森秋の顔面を殴りつけた。殴られた森秋は「女に手を出すなんて最低」と口にし、岸本の顔に唾を吐く。そして、スタンガンを所持していた森秋は、隙をついて岸本に押し当てて放電した。倒れた岸本に、森秋は足蹴りを食らわせ、「快感。超快感」と笑顔を見せる。さらに岸本の顔面をお返しとばかりに何度も殴りつけた。

この衝撃的なシーンを演じた今泉佑唯に、ネット上では視聴者から「そこまでやる!?」「ぶっ飛んだ役がハマってる」「格闘シーンもイケるね!」「いいパンチでした」「怪演再び!」「佑唯ちゃんのアクションシーンが光る回でした」といった驚きの声が上がっている。

森秋麻衣はなぜ首謀者に? 『ミリオンジョー』第11話無料配信中>>

(文/東恩納三沙子@HEW