ミルクボーイがM-1史上最高得点を記録 ナイツ塙は「100点に近い99点」

2019/12/22 21:08

12月22日に決勝戦が生放送された漫才頂上決戦「M-1グランプリ2019」(ABCテレビ・テレビ朝日系)で、ミルクボーイがM-1史上最高得点となる681点を叩き出した。

サムネイル
ミルクボーイ


ミルクボーイが「M-1グランプリ2019」3回戦で披露した"コーンフレーク"漫才(2019年12月22日(日) 21:59まで)>>

ミルクボーイは2007年7月に結成した駒場孝と内海崇のコンビ。初出場にあたる「M-1グランプリ2019」では、コーンフレークをテーマにした漫才で、なんとM-1史上最高得点の681点を記録した。

97点をつけたダウンタウン・松本人志は、「"行ったり来たり漫才"と言うべきか。揺さぶられた。これぞ漫才」と手放しで称賛。98点をつけたタレントの上沼恵美子は、「ネタのセンスが抜群。この角度のセンスを持ってくるとは考えられない顔立ち。顔立ちはちょっと老けてらっしゃるけど、ネタは垢抜けている」とイジリつつも絶賛。「快傑えみちゃんねる」(カンテレ)の前説を担当したことがあるというミルクボーイに、上沼は、「前説じゃなくて本番に出てください」と直接オファーした。

99点をつけたナイツ・塙宣之は、「誰がやっても面白いネタ」でありつつ「この人がやるのが一番面白いネタ」という自身が考えるベストの形に近いと評価し、「100点に近い99点」と絶賛した。


ミルクボーイが「M-1グランプリ2019」3回戦で披露した"コーンフレーク"漫才(2019年12月22日(日) 21:59まで)>>

(文/原田美紗@HEW