宮藤官九郎、「M-1」ぺこぱのネタに「あれ、新しいですよね?」

2019/12/24 17:20

12月23日放送のTBSラジオ『ACTION』で、宮藤官九郎が、『M-1グランプリ2019』で決勝に初出場したぺこぱについて語った。

サムネイル
『M-1グランプリ2019』ぺこぱ


『世界最速大反省会~忖度なし! 漫才達人が全組語り尽くすSP~』無料配信中>>

同番組で月曜パーソナリティを務める宮藤官九郎は、『M-1グランプリ2019』の当日、生放送で全てのネタを見ることができなかったという。そんな宮藤が自宅へ帰ると、"ぺこぱ推し"の家族からミルクボーイとぺこぱの両方のネタを見せられたそうだ。

家族に「どっちが勝ったと思う?」と聞かれた際に、宮藤は「俺もぺこぱが勝ったと思って......」と答えたという。結果は、ミルクボーイの勝利だったのだが、その後も宮藤は、ぺこぱのネタを何度も繰り返し見たそうで、「"ナスって言われて、ナスって言われても否定できない色合い"っていう。あれ、新しいですよね? 俺、午前中繰り返し見てました」と話していた。

宮藤も「新しい」と評するとおり、ぺこぱのボケの言葉を否定せず受け止めるツッコミに注目が集まっている。『M-1グランプリ2019』で審査委員長を務めたダウンタウンの松本人志も「"ノリツッコまないボケ"というか、新しいところを突いてきた」と評価していた。また、『M-1グランプリ2019』決勝戦の放送直後に、動画配信サービス「GYAO!」にて配信された『世界最速大反省会~忖度なし! 漫才達人が全組語り尽くすSP~』では、笑い飯の哲夫も「"ノリツッコミ"っていうのは前からあるじゃないですか? "ツッコミ正論"っていうのが、新しい形ができたんちゃうかな」と分析していた。Twitter上では「誰も傷つけない優しい漫才」という呼び声も高く、時代に合ったお笑いとする見方もあるようだ。

『世界最速大反省会~忖度なし! 漫才達人が全組語り尽くすSP~』無料配信中>>

(文/東恩納三沙子@HEW