劇団ひとり、ビートたけしとの食事会でヤラカシタ失敗談明かす

2019/12/24 18:06

12月21日放送の『あちこちオードリー~春日の店あいてますよ?』(テレビ東京)に、ゲスト出演した劇団ひとりが、ビートたけしとの食事会での失敗談を語った。

サムネイル
『あちこちオードリー~春日の店あいてますよ?~』出演の劇団ひとり


劇団ひとりが一緒に飲みに行く、後輩芸人とは...?>>

16歳で芸人デビューした当時は、コンビで漫才をやっていたという劇団ひとり。「たけしさんが好きすぎて、ツービートみたいなことをやっていた」と振り返った。劇団ひとりは、肩を回すビートたけしのクセまでをも真似て、16歳ながらに「最近の女子高生はひどいですね」といったセリフを入れた漫才を披露していたが全くもってウケなかったそうだ。

そんな劇団ひとりに、オードリーの若林正恭が「たけしさんとは飲んだことあるんですか?」と聞くと、「1回だけある。秋元康さんと(一緒に)」という回答に、出演者から驚きの声が上がった。劇団ひとりによると、予約を取るのに8カ月待ちというお店に行ったとのこと。有頂天だったので何も喋(しゃべ)れなかったと振り返った劇団ひとりは、「間が空いたら次に何の質問をしようとか、そんな事ばかりを考えて、『あの、ネタってどうやって作るんですか?』とか、バカな質問しちゃって......。くだらないと思いながらも、次は、もっといい質問しようと思いながら話していて。情けないよね」と、当時の状況を恥ずかしそうに明かし、笑いを誘っていた。

劇団ひとりが一緒に飲みに行く、後輩芸人とは...?>>

(文/東恩納三沙子@HEW