岡村隆史、50歳目前に「どんどんカンペが見えなくなってきた......」

2020/1/ 8 10:48

1月6日放送の『なるみ・岡村の過ぎるTV』(ABCテレビ)で、今年で50歳を迎えるナインティナインの岡村隆史が、自身の老化症状について語った。

サムネイル
『なるみ・岡村の過ぎるTV』出演の岡村隆史


若さを保つ腹筋トレーニングに、岡村隆史が挑戦するも......>>

同放送回では「50歳を過ぎて急にガタが来たなと思った瞬間」について、50代以上の100人に街頭調査を行った。調査結果には「お酒に弱くなった」「記憶力が悪くなった」「関節が痛む」といった声があり、最も多かったのは「目が見えにくくなった」という回答だった。

第1位の「目が見えにくくなった」に、今年で50歳を迎えるナインティナインの岡村隆史も「これはしゃーないわ。私は、どんどんカンペが見えなくなってきた。もう見えない」と明かした。すると横山太一アナウンサーからも「(岡村さん)どんどん食べる量が減ってないですか?」と指摘を受け、岡村は思わず笑ってしまう。追い打ちをかけるように、斎藤真美アナウンサーも「(岡村さんは)最初に出てきたサラダをずっと残している。『食べないんですか?』と聞いたら、『うるさいわ』みたいな......」と暴露すると、なるみが「もう老害やな!」と言い放ちスタジオに笑いが起こっていた。

若さを保つ腹筋トレーニングに、岡村隆史が挑戦するも......>>

(文/東恩納三沙子@HEW