実写版「ゆるキャン△」の再現度がすごい 田辺桃子演じる"大垣"に絶賛の嵐

2020/01/10 19:03

キャンプ漫画を実写化したドラマ『ゆるキャン△ 』(テレビ東京) 第1話が1月9日に放送された。原作に可能な限り忠実に、ロケ場所にもこだわりながら撮影を行ったという同ドラマだが、その再現度に、視聴者から称賛する声が続出している。

サムネイル
『ゆるキャン△ 』大垣千明役の田辺桃子


新感覚ゆるゆる系キャンプドラマ『ゆるキャン△』第1話 無料配信中>>

ドラマ『ゆるキャン△ 』は、累計発行部数250万部を突破したキャンプ漫画を実写化。キャンプの魅力とキャンプを満喫する女子高校生たちのゆるやかな日常を描いた、新感覚ゆるゆる系キャンプドラマだ。

ソロキャンプが趣味の女子高生・志摩リン(福原遥)は、本栖湖の浩庵キャンプ場へとやってきた。手際よくテントを張り、薪(まき)を集め、着々とキャンプの準備を始める。すると、富士山を見に来て迷子になった女子高生・各務原なでしこ(大原優乃)と遭遇する。泣きながら助けを求められたリンは、おなかがすいたと訴えるなでしこのために、カップ麺を用意した。2人がカップ麺を食べていると、目の間に、月明りを浴びた富士山の絶景が現れる......というストーリーだ。

原作に可能な限り忠実に、ロケ場所にもこだわりながら撮影を行ったという同ドラマ。放送前は不安を寄せるファンもいたものの、第1話の放送後には、ネット上で視聴者から「リスペクトを感じる」「ヤベぇぐらいにまんまゆるキャン」「再現度が高すぎる!」「ガッツリ原作に寄せてきた」と称賛する声が相次いだ。また、田辺桃子演じる大垣千明の再現度には「大垣が本当に大垣」「あそこまでピッタリの配役を見つけられたな」と驚く声も多数上がっている。

新感覚ゆるゆる系キャンプドラマ『ゆるキャン△』第1話 無料配信中>>

(文/東恩納三沙子@HEW))