馬場ふみか・赤楚衛二・矢作穂香、三角関係の結末は....../『ねぇ先生、知らないの?』最終話

2020/1/17 15:08

馬場ふみかと赤楚衛二がダブル主演を務めるドラマ『ねぇ先生、知らないの?』(MBS)最終話となる第6話が1月16日に放送された。馬場ふみか演じる華に恋のライバルが現れ、彼氏との三角関係が修羅場を迎えた。

サムネイル
『ねぇ先生、知らないの?』第6話(最終話)


「いい加減、華としたいんだけど」理一の言葉に、ついに華が......>>

自身の代表作『君ダメ』の実写ドラマ化が決定した漫画家の華(馬場ふみか)。実写ドラマでヒロインを演じるカリスマモデルの星野七瀬(矢作穂香)から「理一のこと諦められないです。理一のことが好きです」と突然ライバル宣言をされた。そんな中、華の彼氏の理一(赤楚衛二)は七瀬と泊まり込みでドラマの撮影に行くことになってしまう。

理一が華の彼氏だと知っていながらも諦められない七瀬は、理一と二人きりになると「私、理一のこと好きだよ。もちろん男として」と告白した。七瀬の告白に、理一の反応は......。華と理一、そして七瀬の三角関係が修羅場を迎えた。

最終話が放送されると、ネット上では視聴者から「キュン死にする恋愛ドラマでした」「馬場ふみかさん最高!」「癒しが無くなって寂しい......」「キャストも素敵でした」「続編希望します!」といった反響の声が上がっていた。

「いい加減、華としたいんだけど」理一の言葉に、ついに華が......>>

(文/東恩納三沙子@HEW