森七菜が『モニタリング』で披露した"コウメ太夫"モノマネが反響「本家より面白い!」

2020/1/17 16:57

1月16日に放送された『ニンゲン観察バラエティ モニタリング』(TBS系列)で、女優の森七菜が、コウメ太夫のモノマネを披露し、視聴者から反響が巻き起こっている。

サムネイル
『ニンゲン観察バラエティ モニタリング』出演の森七菜


ドッキリと知らされた森七菜、まさかの反応!? >>

同放送回には、大ヒット映画『天気の子』でヒロイン役の声優を務めて注目を集める若手女優・森七菜が登場。番組に"知らない人の誕生日に巻き込まれたら......"というドッキリを仕掛けられた。とある喫茶店で行われたニセ取材が終わり、マネージャーも席を外したところで、突然、客の誕生日会が始まった。すると森は、バースデーソングに合わせて小さく手をたたく。仕掛け人がパーティー用の帽子を配ると、森は戸惑いながらもそれをかぶった。

誕生日メッセージを求められると、見知らぬ相手にもかかわらず、森は「おめでとうございます。これからも長生きしてください」と声をかけ、自分用に買っていたお菓子までプレゼントした。さらに"一芸"を求められ、森は「なるほど......」と一瞬考え込む。覚悟を決めたのか立ち上がった森は、「チャンチャカチャンチャン」と歌い出し、コウメ太夫のモノマネを披露した。

森が披露したモノマネに、ネット上では視聴者から「本家より面白い!」「クオリティが高い!」と絶賛する声や、森の人柄について「好感度しか上がらない」「優しすぎる!」「良い人すぎて泣きそう」といった声が殺到している。

ドッキリと知らされた森七菜、まさかの反応!? >>

(文/東恩納三沙子@HEW