伊藤英明主演ドラマ『病室で念仏を唱えないでください』第1話から「とにかく泣ける」と話題に

2020/1/20 14:21

伊藤英明主演のTBS系医療ドラマ『病室で念仏を唱えないでください』が、1月17日より放送開始され、第1話から「とにかく泣ける」と話題になっている。

サムネイル
『病室で念仏を唱えないでください』出演の伊藤英明


『病室で念仏を唱えないでください』第1話 無料配信中>>

小学館「ビッグコミック増刊号」で連載中のこやす珠世による同名漫画を実写化した同ドラマは、僧侶でありながら救命救急医という、伊藤英明演じる異色の主人公が奮闘しながら命と心を救う姿を描く。

第1話では、車の事故で運ばれた女性が、治療のかいなく脳死状態になってしまう。救命救急センターに勤務する救命救急医の松本照円(伊藤英明)は、「君の母ちゃんだろ。君が決めろ」と、病院に駆けつけた13歳の息子に、人工呼吸器を外すかどうかの決断を求めた。そんな中、息子は、母親が実の親ではなかったという事実を知ってしまい......。

患者を救う医療ドラマは数多くあるが、同ドラマでは、救うことができなかった悲しいシーンも描かれている。第1話の放送後には、ネット上で視聴者から「とにかく泣ける」「初っ端から悲しいがすぎる」「全落ちするくらい号泣した」「医療ドラマの新ジャンル」といった声が上がった。また、僧侶で救命救急医を演じる主演の伊藤英明には、「僧侶姿がかっこいい」「坊主頭に萌える」「演技に引き込まれた」「目力がすごい!」といった絶賛する声も上がっている。

『病室で念仏を唱えないでください』第1話 無料配信中>>

(文/東恩納三沙子@HEW