ドラマ『テセウスの船』のタイトルの意味とは? 竹内涼真&鈴木亮平の温泉シーンも話題に

2020/1/21 16:10

竹内涼真が主演を務めるTBS系ドラマ『テセウスの船』が1月19日より放送開始された。意味深長なタイトルを受けて、視聴者の間でさっそく考察が盛り上がっているようだ。

サムネイル
『テセウスの船』出演の竹内涼真・鈴木亮平


ドラマ『テセウスの船』第1話無料配信中>>

同ドラマは、殺人事件で失われた家族の笑顔を取り戻すため、田村心(竹内涼真)が「過去を変える」タブーに挑む物語だ。『テセウスの船』という不思議な響きのタイトルは、ギリシャ神話からとったもの。英雄テセウスの船を後世に残すため、朽ちた木材は次々と交換され、やがて全ての部品が新しいものに取り換えられたという逸話は、「この船は、最初の船と同じと言えるのか?」と問いかける一種のパラドックスとして知られている。

劇中でも「テセウスの船」の逸話が紹介されて、ネット上では視聴者の間で「登場人物が毎回入れ替わるのでは?」「過去に戻って事件を解決したとしてもそれは"今"につながっているのか」「過去にあったのとは全く別のルートで新聞記事通りの事件が起きてしまう?」「最後には全く想像つかない結末になるのかな...」と考察が繰り広げられている。過去を変えることで、果たして未来は変わるのか......? 今後のストーリー展開に注目だ。

また、親子役を演じる鈴木亮平と竹内涼真が2人で温泉に入るシーンには、「肉体美の競演」「鈴木さんの胸板の厚さ!」「とんだサービスショットだった」「限界まで瞬きせずに見た」といった女性ファンから歓喜の声も上がっている。

ドラマ『テセウスの船』第1話無料配信中>>

(文/東恩納三沙子@HEW