木村拓哉、「ゆるスポーツ」挑戦で大苦戦!? 「これ難しいぜ......」

2020/1/27 11:00

木村拓哉が、ウェブ番組『木村さ~~ん!』で「ゆるスポーツ」なる競技に挑戦した。なぜかラケットに穴が開いている「ゆるスポーツ」の卓球に、木村は「難しい......」と四苦八苦していた。

サムネイル
木村拓哉の初めてのウェブ番組「木村さ~~ん!」(毎週日曜、正午更新)


木村拓哉、"トントンボイス相撲"にも挑戦「あっという間すぎて......」>>

同番組の第78回配信で、木村は「ゆるスポーツ」を体験した。「ゆるスポーツ」とは、年齢・性別・運動神経にかかわらず誰でも楽しめるスポーツを推進する「世界ゆるスポーツ協会」が実施しているもの。木村はまず、中央に穴(ブラックホール)が開いたラケットを使って行う「ブラックホール卓球」に挑戦した。専用ラケットの特殊な作りに木村は「普通なんですか? これ」と驚いた様子。試し打ちをしても思う方向にボールが行かず、木村は思わず「これ難しいぜ......」と感想を口にする。

サムネイル
『木村さ~~ん!』第78回 "木村さ~~ん!"でもっともゆるい企画!?「ゆるスポーツ」に挑戦!


11点先取で行われる「ブラックホール卓球」の試合では、3点獲得するたびにラケットの穴(ブラックホール)が徐々に大きくなっていく。また、木村の対戦相手には「世界ゆるスポーツ協会」から、「ブラックホール卓球」の発明者である男性が努めた。早速試合が始まると、慣れないラケットに木村は大苦戦。「情けない失点ですね」と悔しさをにじませた。なかなか得点を重ねることができない木村だったが、徐々にコツをつかんだのか追い上げをみせる。果たして勝負の行方は......?

木村拓哉、"トントンボイス相撲"にも挑戦「あっという間すぎて......」>>

(文/東恩納三沙子@HEW