伊藤英明&ムロツヨシが激突! クセあり医師ムロに「憎めない」/『病室で念仏を唱えないでください』第2話

2020/1/27 13:26

伊藤英明主演のTBS系医療ドラマ『病室で念仏を唱えないでください』第2話が1月24日に放送され、僧侶で救命救急医でもある伊藤と、天才外科医のムロツヨシが舌戦を繰り広げた。

サムネイル
『病室で念仏を唱えないでください』出演の伊藤英明・ムロツヨシ


『病室で念仏を唱えないでください』第2話無料配信中>>

小学館「ビッグコミック増刊号」で連載中のこやす珠世による同名漫画を実写化した同ドラマは、僧侶でありながら救命救急医という伊藤英明演じる異色の主人公が、奮闘しながら命と心を救う姿を描く。

あおば台病院の救命救急センターにホームレスの男性が運ばれてきた。今にも破裂しそうな腹部大動脈りゅうの患者で、救命救急のスタッフは手術中の心臓血管外科医・濱田達哉(ムロツヨシ)に応援を求めた。しかし患者がホームレスと知った濱田は、医療費が払えないと考え断る。代わりに救命救急医の松本照円(伊藤英明)が緊急手術を行い、男性の一命を取り留めることができた。

濱田は、ホームレスの手術を行ったことに対して松本に苦言を呈した。一方、松本は「お金にならないからと言って、野垂れ死にするのを黙って見ているわけにはいきません」と答える。すると濱田は「僕が言ってるのは、生きる意欲の問題です。例え救えたとしても彼らは生きる環境が劣悪で予後が悪い」と返した。これに松本は「それでも例え1パーセントでも生きる可能性があるなら、全力を尽くして救うのが、僕ら救急の仕事です」と反論する。濱田は「それは先生のエゴじゃないですか?」と応戦。濱田の言葉に、松本はついに怒りを爆発させ、2人の激しい舌戦が繰り広げられた。

イヤミでクセのある天才医師を演じるムロツヨシに、視聴者からは「イライラさせる芝居がハマる」「嫌な役なのに憎めない」「こんなドクター本当にいそう。笑」「鳥肌が立つくらいゾクっとした」といった反響の声が上がっている。冷淡な態度でありながらも、どこかコミカルな医師を演じるムロの演技にも注目だ。

『病室で念仏を唱えないでください』第2話無料配信中>>

(文/東恩納三沙子@HEW