山田裕貴、ドラマ『ホームルーム』の全裸シーンにファン衝撃「見事な脱ぎっぷり」

2020/1/31 18:12

山田裕貴主演の連続ドラマ『ホームルーム』(MBS)第2話が放送された。"ド変態ストーカー教師"役を演じる山田裕貴の全裸シーンに、ファンから驚きの声が続出している。

サムネイル
『ホームルーム』第2話


山田裕貴、監視カメラを設置するも......『ホームルーム』第2話無料配信中>>

ドラマ『ホームルーム』は、多くの電子書店で総合ランキング1位を獲得した学園サイコ・ラブコメの実写化。「ラブリン」の愛称で親しまれる爽やかイケメン教師・愛田凛太郎(山田裕貴)の裏の顔は、女子生徒を狂愛するあまり、数々の奇行を繰り返する"ド変態ストーカー教師"だった――。

山田演じる愛田はドラマ初回で、全裸で教え子のベッドの下に隠れ、学校の屋上でも全裸で絶叫するなど強烈すぎる行動を連発し、多くの視聴者を驚かせた。さらに1月30日放送の第2話でも、全裸で女子生徒の髪の毛を収集するシーンがあった。

ネット上では視聴者から「見事な脱ぎっぷり」「山田裕貴の全裸が神聖なものを見ているような気がしてくる」「何回見ても衝撃!」「画力が強すぎる」「ありがとう山田裕貴さん! でも本当に役が気持ち悪い」といった、山田の体当たりの演技が反響を巻き起こしている。

山田裕貴、監視カメラを設置するも......『ホームルーム』第2話無料配信中>>

(文/東恩納三沙子@HEW