野呂佳代、「マジ歌最終トライアウト」に参戦! 自身の楽曲アレンジで出演者が盛大に吹き出す

2020/2/ 3 18:45

2月1日放送の『ゴッドタン』(テレビ東京系)で歌手の野呂佳代が、自身の楽曲をアレンジして披露。野呂のパフォーマンに、口に牛乳を含んだ状態で見届けた出演者は何度も吹き出していた。

サムネイル
『ゴッドタン』マジ歌ライブ最終トライアウトに参戦の野呂佳代


野呂佳代、自身の楽曲&どぶろっくネタを組み合わせた衝撃パフォーマンス>>

同放送回では、2月13日に埼玉・さいたまスーパーアリーナにて開催される「マジ歌ライブ2020」の出演をかけ、歌手の野呂佳代が名乗りを上げた。ラブレターズの2人は牛乳を口に含んだ状態で野呂のパフォーマンスを見届けることに。シンガーソングライター風の衣装に身を包みステージに登場した野呂。MCの劇団ひとりに「許さないからね! ふざけたら」と忠告されると、野呂は「大丈夫だぁ」と一言。これにラブレターズの2人は、思わず牛乳を吹き出してしまう。

そんな野呂は、昨年、配信限定でリリースしたmogsanと野呂佳代『さよならサマー』を披露する。シンガーソングライターになりきり、お洒落(しゃれ)感を漂わせて歌う野呂のパフォーマンスにラブレターズの2人は堪えられず再び吹き出した。続いて、劇団ひとりに「バージョン違いでいってみようか」と提案された野呂。再びステージ上に現れると、野呂は先ほどと同様に『さよならサマー』を歌い出したが、途中から急に曲調が変わった。すると野呂は「な~ら~ば、大きなイチモツをください」と、まさかのどぶろっくのネタを曲中に入れ込み大声量で歌い出した。これにラブレターズの2人が「もうダメだよ」と盛大に吹き出すとともに、おぎやはぎらMC陣も大爆笑。野呂はスタジオを大いに盛り上げていた。

野呂佳代、自身の楽曲&どぶろっくネタを組み合わせた衝撃パフォーマンス>>

(文/東恩納三沙子@HEW