仲間由紀恵の"悪女ぶり"が露呈......ドラマ『10の秘密』第4話ネタバレ

2020/2/ 5 17:10

向井理主演の連続ドラマ『10の秘密』(カンテレ・フジテレビ系)第4話が2月4日に放送された。向井の元妻・仙台由貴子役を演じる仲間由紀恵の悪女ぶりに、視聴者から注目が集まった。

サムネイル
『10の秘密』第4話 新展開へ...全て覆す悪女の微笑


仲間由紀恵の悪女ぶりが露呈......『10の秘密』第4話>>

『10の秘密』チェインストーリー第4.5話「宿命の理由」>>

仙台由貴子(仲間由紀恵)は、白河圭太(向井理)の留守中に自宅に侵入。圭太のパソコンのパスワードを解除すると、偽装工事の証拠データを探す。すると由貴子は圭太の母親と鉢合わせしてしまい、母親から連絡を受けた圭太は急いで自宅に戻った。由貴子と二人きりになった圭太は、娘を男に誘拐させたのは「おまえだ」と問い詰めた。シラを切る由貴子だったが、ついに「知らない方が良かったのに。ここからはあなたみたいな人間が立ち入れる事じゃない。この件から手を引いて瞳と平凡に生きなさい」と言い放つと、「警察に突き出す私を? 瞳に言える? 母親が誘拐犯だなんて」と口にした。

仲間由紀恵の悪女ぶりに、ネット上では視聴者から「演技がスゴいし怖いし人間関係がどろどろしてきた」「仲間由紀恵が一枚も二枚も三枚も上手で悪女」「やはりミステリアスなキャラがお似合い」「由貴子はケタが違う!」「めちゃめちゃ闇深い......」といった声が上がり注目が集まった。

なお無料動画配信サービス「GYAO!」では、本編では明かされなかった物語の続きや並行して起きていた物語の裏側を描くチェインストーリーも配信中。由貴子の協力者・二本松(遠藤雄弥)は、誘拐犯となってしまうにも関わらず一体なぜ手を貸したのか――。

仲間由紀恵の悪女ぶりが露呈......『10の秘密』第4話>>

『10の秘密』チェインストーリー第4.5話「宿命の理由」>>

(文/東恩納三沙子@HEW