伊武雅刀、『相棒』圧巻の演技に視聴者称賛! 右京との因縁対決は衝撃の結末に....../2週連続スペシャル第15話

2020/2/ 6 17:24

テレビ朝日系ドラマ『相棒 season18』2週連続スペシャルの後編となる第15話が放送された。右京(水谷豊)のかつての相棒で宿敵でもある南井役を演じた伊武雅刀の演技に、視聴者から称賛の声が相次いでいる。

サムネイル
『相棒 season18』出演の伊武雅刀


右京と南井の因縁対決がついに決着......『相棒 season18』第15話>>

南井(伊武雅刀)の行動を注視していた右京(水谷豊)。東京・山手線沿線で相次いで起きている殺人事件が、かつてロンドンの地下鉄で発生した"逆五芒(ぼう)星事件"と呼ばれる連続殺人と多くの類似点があることに気づく。そんな中、警邏(ら)中の巡査が射殺される事件が発生。それもロンドンの事件と酷似していたため、右京は、南井が"逆五芒(ぼう)星事件"をなぞっているのではと考える――。

右京と南井、2人の因縁の対決がついに決着を迎えた同放送回。しかしそれはあまりに悲しい決着だった。劇中の終盤で、右京は南井に「犯人はあなたです」と告げた。すると南井は「待っていたかいがあった。犯人が家に戻ってきた」と口にすると、誰もいない空間に向けて銃を放った。南井は、記憶障害、見当識障害など老いによる脳の障害を患っていたのだ。また南井は、自ら事件を起こし自ら捜査をしていたことも明らかになった。

記憶が混乱しながらも、必死に右京に語りかける伊武雅刀の演技に、ネット上では視聴者から「演技に圧倒されっぱなしだった」「演技がヤバすぎて泣いた......」「演技力が圧巻!」「とにかく伊武雅刀さんが凄かった」「伊武雅刀さんの演技半端じゃない」「さすがベテラン」といった称賛の声が相次いでいる。

右京と南井の因縁対決がついに決着......『相棒 season18』第15話>>

(文/東恩納三沙子@HEW