欅坂46・小林由依、"金髪"リリィ姿にファン歓喜/『女子高生の無駄づかい』第3話「脱ぎたてのパンツの価値」

2020/2/10 13:12

タレントで女優の岡田結実主演のドラマ『女子高生の無駄づかい』(テレビ朝日系)第3話が2月7日に放送された。欅坂46の小林由依演じる"小悪魔系百合ガール"染谷リリィの登場で、ファンから反響の声が巻き起こっている。

サムネイル
『女子高生の無駄づかい』第3話 脱ぎたてのパンツの価値


『女子高生の無駄づかい』第3話「脱ぎたてのパンツの価値」>>

ビーノ原作の同名コミックを実写ドラマ化した『女子高生の無駄づかい』は、刹那的なきらめきに溢(あふ)れた"青春"をただただ無駄に浪費する女子高生たちの日常を描く超挑戦的コメディー。主演に岡田結実、そして恒松祐里、中村ゆりから、今をときめく若手女優が続々女子高生役で登場する。

第3話冒頭で、欅坂46の小林由依演じる染谷リリィが登場した。リリィは、オーストリア人の父と日本人の母を持つ、スタイル抜群な転校生。好きなものは「女の子」で、男性に触れられるとくしゃみが出てしまう「オスアレルギー」を持っている"小悪魔系百合ガール"だ。リリィが教室に現れた瞬間、生徒たちから「めっちゃかわいい!」「スタイルやべー」と黄色い悲鳴が上がった。そんな中、自己紹介をしたリリィ。担任から「他に何か言っておきたいことあるか?」と聞かれ、リリィは「好きなものは女の子です。嫌いなものはオスです」と発言。教室が静まり返る。クラスメイトのバカ(岡田結実)、ヲタ(恒松祐里)、ロボ(中村ゆりか)から、リリィは早くも"変人"と認定された。

金髪姿の小林が演じるリリィの登場に、ネット上ではファンから「神過ぎて心臓何回止められたか......」「こんなかわいい子とクラス一緒になりたい人生だった」「金髪めちゃめちゃかわいい」「キャラ的にハマってる!」「リリィ美形すぎる! ロリとの絡みがはよ見たい」「配役がしっくり」といった絶賛する声が殺到している。

『女子高生の無駄づかい』第3話「脱ぎたてのパンツの価値」>>

(文/東恩納三沙子@HEW