SixTONES・松村北斗、ナイフ振りかざす鬼気迫る演技に視聴者「破壊力やばい」/『10の秘密』第5話

2020/2/13 13:45

向井理主演の連続ドラマ『10の秘密』(カンテレ・フジテレビ系)第5話が2月11日に放送された。伊達翼役を演じるSixTONES・松村北斗の鬼気迫る演技が話題を呼んでいる。

サムネイル
『10の秘密』 第5話 逆襲せよ...狙うは元妻の三億円


ピアニストの不審な秘密......『10の秘密』第5話>>

『10の秘密』チェインストーリー第5.5話「カネの匂い」>>

同ドラマは、登場人物たちのさまざまな"秘密"が暴かれていくサスペンスドラマ。第5話で圭太(向井理)は、自身の娘が過去に起こした火事によって、伊達翼(松村北斗)が母親を亡くしていたことを知った。謝罪する圭太だったが、ナイフを手にした翼は、「母は火事で死んだんじゃない!」と主張。「母は殺された。あの日、母を訪ねて来た男に。あれおまえだよな」と圭太にナイフを振りかざした。

サムネイル
『10の秘密』 チェインストーリー 第5.5話 カネの匂い


鬼気迫る演技を披露した松村北斗に、ネット上では視聴者から「破壊力やばい」「演技うまいし引き込まれた」「かっこよさに手がブルブル......」「影のある役が向いてる」「胸が苦しくて泣きそうになった」といった声が上がり話題を呼んでいる。

なお無料動画配信サービス「GYAO!」では、本編では明かされなかった物語の続きや並行して起きていた物語の裏側を描くチェインストーリーも配信中。圭太から由貴子(仲間由紀恵)の3億円を奪う依頼を受けた永盛(高杉亘)。その強奪方法が明らかに――。

ピアニストの不審な秘密......『10の秘密』第5話>>

『10の秘密』チェインストーリー第5.5話「カネの匂い」>>

(文/東恩納三沙子@HEW