"節約の達人"が仕掛ける異色の殺人トリックとは!?「パンスト小銭貯金」に視聴者衝撃/『科捜研の女』30話ネタバレ

2020/2/14 14:30

ドラマ『科捜研の女 season19』(テレビ朝日系)第30話が2月13日に放送された。"節約の達人"が仕掛ける費用をかけない殺人トリックに、視聴者から驚きの声が上がった。

サムネイル
『科捜研の女 season19』で話題となった「パンスト小銭貯金」


『科捜研の女 season19』第30話「100円の殺人!?」無料配信中>>

同ドラマは、京都府警科学捜査研究所の法医研究員・榊マリコ(沢口靖子)たちの活躍を描いたミステリー。第30話では、"節約の達人"として人気を誇る女性の遺体が発見された。捜査の中で、彼女に節約情報を提供していた"ゴースト"の存在も浮上する――。

「節約」がテーマとなった同放送回では、タライとシャワーホースなどを利用して費用をかけずに遺体を運ぶ方法など、殺人トリックにも節約術が満載だった。番組公式Twitterアカウントでは「タライで人を運ぶトリックは実際に検証されたそうです!! プロデューサーが自らホームセンターを駆けずり回って使えるものを探し......タライには女性Pが自ら入って実験 転がる事を確認してから現場に胸を張って脚本をお渡ししたそうです」と舞台裏が明かされている。

劇中で登場した「パンスト小銭貯金」という言葉も注目を集めており、Twitter上で「"パンスト小銭貯金"が日付変わっても脳内から離れてくれないワード」「何度でも言いたくなる」「パンスト小銭貯金は笑った」「沢口靖子が真顔で"パンスト小銭貯金"と言った(笑)」「私もパンスト小銭貯金するか!」といった声が上がっている。

サムネイル
『科捜研の女 season19』File30 100円の殺人!?


『科捜研の女 season19』第30話「100円の殺人!?」無料配信中>>

(文/東恩納三沙子@HEW