山田裕貴、パンツ一丁で全力疾走! 視聴者驚愕(がく)「なんたる美尻」/『ホームルーム』第4話

2020/2/14 16:09

山田裕貴主演のドラマ『ホームルーム』(MBS)第4話が2月13日に放送された。初回放送から"ド変態ストーカー教師"を演じる山田の全裸シーンが話題を呼んでいる同ドラマ。最新話でも、山田はパンツ一丁で全力疾走するなど視聴者を驚かせた。

サムネイル
『ホームルーム』第4話


パンツ一丁で女子生徒を追いかける山田裕貴の前に、警察官が現れ......>>

ドラマ『ホームルーム』は、多くの電子書店で総合ランキング1位を獲得した学園サイコ・ラブコメの実写化。「ラブリン」の愛称で親しまれる爽やかイケメン教師・愛田凛太郎(山田裕貴)の裏の顔は、女子生徒を狂愛するあまり、数々の奇行を繰り返する"ド変態ストーカー教師"だった――。

第4話の中盤、山田演じる愛田は、女子生徒の私物や肖像画で埋めつくされた部屋で全裸になり"愛の儀式"を行っていた。すると、その現場を女子生徒に見られてしまう。ショックを受け逃げだした女子生徒を、愛田はパンツ一丁の姿で必死に追いかけた。

パンツ一丁で疾走する山田の衝撃的な姿に、ネット上では視聴者から「なんたる美尻」「山田くん、パンイチで頑張ってる」「本当に外で裸だ!」「何杯でもおかわりできる」「山田裕貴さんの裸がこんなに見られるドラマって今後ないんじゃないか?」といった声が上がり話題を呼んでいる。

パンツ一丁で女子生徒を追いかける山田裕貴の前に、警察官が現れ......>>

(文/東恩納三沙子@HEW