横浜流星の"寝顔ショット"に、ファン歓喜「予想を上回るヤバい写真」「まさかのサービスショット」/『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』第6話

2020/2/17 14:01

日本テレビ系ドラマ『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』第6話が2月16日に放送された。森島直輝役を演じる横浜流星の"寝顔ショット"が公開され、視聴者から反響の声が巻き起こっている。

サムネイル
『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』 6話 復讐の裏で女の戦いが勃発!


女の戦いが勃発『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』第6話>>

チェインストーリー6.5話「パンダは笑い、死んだ門田は語られる」>>

『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』は、驚異的な身体能力を持つ謎の女"ミスパンダ"と彼女を操る男"飼育員さん"が、"Mr.ノーコンプライアンス"と名乗る男からの依頼を受け、世の中のグレーな事件にシロクロをつけるストーリー。警察やマスコミが触れない「隠れた真相」を次々に暴いていく。

森島直輝(横浜流星)は、"Mr.ノーコンプライアンス"(佐藤二朗)からミスパンダの殺処分を命じられる。一方、川田レン(清野菜名)の前には、直輝の婚約者を名乗る佐島あずさ(白石聖)が現れた。あずさはレンに、直輝とのツーショット写真を見せると、直輝を振り回さないでほしいと頭を下げた。婚約者役の白石聖のスマホに保存されていた横浜流星の"寝顔ショット"に、ネット上では視聴者から「予想を上回るヤバい写真だった」「満点カッコいい!」「どうか私にシェアしてください!」「ずっと見ていたい」「まさかのサービスショット」といった大興奮の声が上がっていた。

サムネイル
『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』チェインストーリー 6.5話 パンダは笑い、死んだ門田は語られ


なお動画配信サービス「GYAO!」では、登場人物たちの過去や生い立ち、隠された秘密など本編をより深く楽しめる"もう一つのドラマ"チェインストーリーも配信中。チェインストーリー6.5話では、授業が終わり誰もいない教壇を見つめる小園(中田圭祐)と前川(祷キララ)。二人は死んだ門田(山崎樹範)のことを思い返すが――。

女の戦いが勃発『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』第6話>>

チェインストーリー6.5話「パンダは笑い、死んだ門田は語られる」>>

(文/東恩納三沙子@HEW