古舘寛治の流暢(りゅうちょう)な英語に視聴者驚き! 字幕付きの"神対応"も話題に/『コタキ兄弟と四苦八苦』第6話

2020/2/17 14:52

古舘寛治と滝藤賢一がダブル主演を務めるドラマ『コタキ兄弟と四苦八苦』(テレビ東京系)第6話が2月14日に放送された。古滝一路役を演じる古舘が流暢(りゅうちょう)な英語を披露して、視聴者から驚きの声が上がっている。

サムネイル
『コタキ兄弟と四苦八苦』第6話 流暢(りゅうちょう)な英語を話す古舘寛治


レンタルされた滝藤賢一の前に現れたのは...『コタキ兄弟と四苦八苦』第6話>>

同ドラマは、古舘寛治と滝藤賢一のダブル主演でおくる人間賛歌コメディ。真面目すぎてうまく生きられない兄(古舘寛治)と、そんな兄をみて育ったせいか、ちゃらんぽらんにしか生きられなくなった弟(滝藤賢一)。無職の兄弟は、ひょんなことから「レンタルおやじ」を始めることに――。

第6話では、"レンタル兄弟おやじ"として兄弟が初めてのソロ活動をすることに。古滝二路(滝藤賢一)がタワーマンションで開催されるホームパーティのゲストとしてレンタルされた一方、古滝一路(古舘寛治)は女子高生のハナ(川島鈴遥)にレンタルされた。学校の宿題をみてほしいというハナからの依頼で、一路が英語を教えるシーンがある。英語はうまくないと話すハナだったが、流暢(りゅうちょう)な英語でしゃべりだした。これに一路も負けじと英語で応じた。

一路役を演じる古舘寛治の英語力に、ネット上では視聴者から「古舘さんの英語が聞けるというサプライズがうれしかった」「流暢(りゅうちょう)すぎて驚いた」「英語ペラペラじゃん!」「初めて兄貴がイケメンだと思った」「英語の発音が素晴らしい」と絶賛する声が上がった。また劇中で、英語で会話する一路とハナを見て、さっちゃん(芳根京子)が「字幕がほしい」と口にすると同時に字幕が表示されるユニークな演出もあり、「"字幕がほしい!"で字幕が付くの面白い」「字幕出た(笑)」「ありがたい!」といった驚く声も上がっていた。

レンタルされた滝藤賢一の前に現れたのは...『コタキ兄弟と四苦八苦』第6話>>

(文/東恩納三沙子@HEW