麻生祐未の怪演に視聴者が震撼(しんかん)した『テセウスの船』が1位、 "パンスト小銭貯金"も話題に『科捜研の女』が2位、『トップナイフ』は3位にランクイン(2月10日~2月16日期間 ドラマ視聴率ランキング)

2020/2/19 14:47

2月10日~2月16日期間中のドラマを「番組平均世帯視聴率」ランキング形式で紹介(関東地区、ビデオリサーチ調べ)。TBS系ドラマ『テセウスの船』が1位、テレビ朝日系『科捜研の女 season19』が2位、日本テレビ系『トップナイフ-天才脳外科医の条件-』が3位にランクインした。

サムネイル
「番組平均世帯視聴率」ランキングを紹介(関東地区、ビデオリサーチ調べ)


■第1位 TBS系ドラマ『テセウスの船』第5話(2月16日放送) 11.8%

サムネイル
『テセウスの船』 第5話

犯人の声を聞いたという目撃者が現れ......『テセウスの船』第5話無料配信中>>


竹内涼真が主演を務める『テセウスの船』は、殺人事件で失われた家族の笑顔を取り戻すため、田村心役を演じる竹内涼真が、「過去を変える」タブーに挑む物語。

第5話では心は、記者の岸田由紀(上野樹里)の協力を得て、父・佐野文吾(鈴木亮平)の無実を証明できるという人物から連絡を受ける。しかしその事件の目撃者は、娘に反対され、やはり証言する事はできないと言い出した。一方、整形し名前も変えて新しい人生を歩んでいた姉(貫地谷しほり)は、義理の母・木村さつき(麻生祐未)に、佐野文吾の娘であることを知られてしまう。さつきは、バラされたくなかったらある計画に協力しろと迫った。

何としても佐野文吾を死刑にしたい一心で、貫地谷しほりを操ろうとする麻生祐未の狂気に満ちた演技に、ネット上では視聴者から「豹変ぶりが恐ろしい」「インパクトと恐怖感には敵わない」「まさにホラー」「怖すぎて震える」「怖すぎて見てらんない」といった驚きの声が相次いだ。第6話は2月23日放送される。

■第2位 テレビ朝日系『科捜研の女 season19』第30話(2月13日放送) 11.1%

サムネイル
『科捜研の女 season19』File30 100円の殺人!?

『科捜研の女 season19』第30話「100円の殺人!?」無料配信中>>


1999年10月から放送開始した「科捜研の女」シリーズは、沢口靖子演じる京都府警科学捜査研究所の法医研究員・榊マリコを中心としたメンバーたちが、それぞれの専門技術を武器に事件の真相解明に挑む姿を描いたミステリー。

公園で女性の殺害遺体が発見され、榊マリコ(沢口靖子)らが臨場。状況から殺害現場は他の場所と考えられた。 被害者はブログで人気を誇る"節約の達人"柴崎佐江(菊地美香)だと判明。だが実はぜいたくが大好きな佐江は、もうけるためにブログを書いていた"ビジネス節約家"であり、節約情報を提供していた"ゴースト"の存在も浮上する。

「節約」がテーマとなった同放送回では、タライとシャワーホースなどを利用して費用をかけずに遺体を運ぶ方法など、殺人トリックにも節約術が満載だった。また劇中で登場した「パンスト小銭貯金」という言葉も注目を集め、Twitter上で「"パンスト小銭貯金"が日付変わっても脳内から離れてくれないワード」「何度でも言いたくなる」といった声も上がっていた。

■第3位 日本テレビ系『トップナイフ-天才脳外科医の条件-』第6話(2月15日放送) 10.1%

サムネイル
『トップナイフ-天才脳外科医の条件-』第6話

【無料配信】「トップナイフ-天才脳外科医の条件-」最新話を配信中>>


天海祐希が主演を務める医療ドラマ。『コード・ブルー』や『医龍』などを手掛けた林宏司が脚本、『女王の教室』を生み出した大塚恭司が演出を担当するなど、ヒットメーカーが集結している。天才医師たちの技術と人間の苦悩・葛藤を描く物語だ。

自分の幻、"ドッペルゲンガー"が見えると診察にきた大澤(山本浩司)は、10年前に深山(天海祐希)から脳外科をクビにされた医者だった。"幻の自分"からの悪魔のようなささやきにけしかけられ、さらに深山が自分を避けていると感じた大澤は、報復を決意する。そして、大澤はメスを手に深山達とエレベーターに立てこもるのだった。閉ざされたエレベーターの中、深山は急変した患者の命をかけた緊急オペを迫られる。

エレベーター内の立てこもりに巻き込まれてしまったBAR「カサブランカ」のマスター・来島達也(古川雄大)は、初めて見るオペに怯(おび)える。そんな来島は「もう見てらんないから、とりあえずしゃべっていい?」と口にすると深山のあるエピソードを語った。怯(おび)えながらも手術に立ち会った来島に、視聴者から「がんばれ!」「気持ちがよく分かる」といった応援するコメントが多数寄せられていた。

■『庶務行員・多加賀主水4』『恋はつづくよどこまでも』と続く

サムネイル
庶務行員・多加賀主水 4《日曜プライム ドラマスペシャル》

【無料配信】「庶務行員・多加賀主水 4」無料配信中>>


サムネイル
『恋はつづくよどこまでも』第6話

【無料配信】「恋はつづくよどこまでも」最新話を配信中>>


第4位にはテレビ朝日系『庶務行員・多加賀主水4』(9.9%)、つづく第5位にTBS系『恋はつづくよどこまでも』(9.6%)第5話(第7話は2月25日放送)がランクインした。

前週3位だった『テセウスの船』が、みるみる視聴率を伸ばしついにトップに躍り出た。木村さつき役の麻生祐未や、岸田由紀役の上野樹里の演技に、ネット上では視聴者から絶賛する声が相次いでいた。真犯人の考察も白熱する同ドラマが、来週も1位をキープするのか注目だ。

(文/東恩納三沙子@HEW

出典:株式会社ビデオリサーチ(ビデオリサーチ調べによる「関東地区」「番組平均世帯視聴率」より)