新たな被害者続出! 真犯人は安藤政信? 視聴者の"考察"過熱『テセウスの船』6話ネタバレ

2020/2/25 18:21

竹内涼真が主演を務めるTBS系ドラマ『テセウスの船』第6話が2月23日に放送された。ついに真犯人の正体が明らかになったが、視聴者の間ではさまざまな意見が飛び交っている。

サムネイル
『テセウスの船』出演の安藤政信


竹内涼真が再びタイムスリップ......『テセウスの船』第6話無料配信中>>

心(竹内涼真)は、音臼小無差別殺人事件の真犯人はさつき(麻生祐未)ではないかと疑うが、さつきは何者かによって殺されてしまう。さつきは共犯者に殺されたという説が浮かび上がった。心は、事件を担当していた刑事の自宅に行き手がかりを探した。当時、音臼村に暮らしていた田中正志(霜降り明星・せいや)が共犯者の可能性が高いと睨(にら)んだ心は、正志に会いに行くも、正志も何者かによって殺されていた。すると心のもとに、死んださつきから一枚の絵が届いた。絵に描かれた場所に行くと、さつきの養子のみきお(安藤政信)が現れた。みきおは手にしたナイフで心を切りつけると、「せっかく歴史に残る完全犯罪をやり遂げたのに......」と口にした。

犯行を認めたみきおは果たして本当に真犯人なのか!? ネット上では「みきおが犯人だとしても、やっぱりまだ誰か間にいないと成立しない気がする」「みきおは真犯人ではない」「真犯人はみきおも操っている」「タイムスリップした大人のみきおが、子供のみきおを操っているのかな?」といった視聴者の考察がますます盛り上がりを見せている。

竹内涼真が再びタイムスリップ......『テセウスの船』第6話無料配信中>>

(文/東恩納三沙子@HEW