滝沢カレン、神田伯山襲名パーティーで祝辞を述べるも会場大爆笑「下の名前がお変わりに......」

2020/2/26 13:22

2月22日放送の『伯山カレンの反省だ!!』(テレビ朝日系)では、講談師・神田松之丞の「六代目神田伯山真打昇進襲名披露パーティー」に参加したモデルでタレントの滝沢カレンによる祝辞の模様が紹介された。

サムネイル
『伯山カレンの反省だ!!』六代目神田伯山真打昇進襲名披露パーティーにカレンが潜入だ!


スタジオジブリのあの人も! 豪華有名人が集結した襲名披露パーティーを大公開>>

司会者から"言葉の魔術師"と紹介され、シースルーのドレス姿で壇上に上がった滝沢。開口一番「この度はお集まりいただきましてありがとうございます」とまるで自身のパーティーであるかのようなあいさつに笑い声が上がった。滝沢は、あらかじめ用意していた手紙を読み上げる形で「伯山先生へ。皆さま初めまして。私はと言うと滝沢カレンと申します。伯山先生、この度は下の名前がお変わりになったという事、本当におめでとうございます」と続け、再び会場は大爆笑。

また滝沢は、初めて講談を見に行った事を振り返り、「講談の"だ"の字も知らずに行ってしまった私でしたが、伯山先生が話し出すと、物語にガツンと腕を引っ張られて連れていかれるような話の渦に、私はあっけなく周りの景色が変わるほど吸い込まれていったのを強く熱く覚えています」と独特の感性で表した。さらに自身の夢についても語るなど、滝沢による祝辞は会場を大いに盛り上げていた。

スタジオでこの模様をVTRで振り返った2人。神田伯山から「あの手紙、いつ書いたんですか?」と聞かれると、滝沢は「前日に書かせていただきました。気持ちを高めながら」と答えた。また書き上げた時間について滝沢が「思いが膨れちゃったので10分ぐらい」と明かすと、これに伯山は「めちゃめちゃ短いじゃないですか!」と失笑していた。

スタジオジブリのあの人も! 豪華有名人が集結した襲名披露パーティーを大公開>>

(文/東恩納三沙子@HEW