石井一彰、風間トオルらメインキャストが爪にネイルを施される 視聴者「男性陣のネイル姿は超貴重」「全員可愛いが過ぎる!」/『科捜研の女 season19』32話

2020/2/28 16:39

2月27日放送のドラマ『科捜研の女 season19』(テレビ朝日系)第32話で、石井一彰や風間トオルたちメインキャストが爪にネイルを施した。視聴者から「可愛い」と歓喜の声が上がっている。

サムネイル
『科捜研の女 season19』 File32 マリコのネイルサロン


『科捜研の女 season19』第32話「マリコのネイルサロン」無料配信中>>

同ドラマは、京都府警科学捜査研究所の法医研究員・榊マリコ(沢口靖子)たちの活躍を描いたミステリー。第32話で発生した殺人事件の鍵は"ネイル"だった。マリコが「みんな手を貸してくれるわよね?」と協力を求めたことにより、科捜研の研究員と、研究室を訪れていた若手刑事・蒲原勇樹らがネイルを施されるシーンがあった。メインキャストのネイル姿に、ネット上では視聴者から「男性陣のネイル姿は超貴重」「全員可愛いが過ぎる!」「ネイルも科学!」「所長までネイルされてたのが笑えた」「科捜研メンバーがネイルしてる姿が貴重だったのでテンション上がった」といった声が上がっていた。

また、番組公式Twitterアカウントでは、「ちなみに男性陣のネイルの時、みんなノリノリで、蒲原さんは特にポーズ決めて写真とったりしてたそうです笑 可愛いwwwwwあと日野所長が赤ネイルするとふっくらしてお金持ちの奥さまみたいだとスタッフさんが盛り上がたとのこと笑」と撮影中の裏話も明かされている。

『科捜研の女 season19』第32話「マリコのネイルサロン」無料配信中>>

(文/東恩納三沙子@HEW