ピュアすぎる同級生に女子高生らが性教育!? 一肌脱ぐも手違いで....../『女子高生の無駄づかい』第6話

2020/3/ 2 18:58

2月28日に放送されたタレントで女優の岡田結実主演のドラマ『女子高生の無駄づかい』(テレビ朝日系)第6話で、ピュアすぎる同級生のために女子高生らが"性"について教えるべく奮闘した。視聴者から「ぶっ飛んでた!」「むちゃくちゃ笑えた」など反響が寄せられている。

サムネイル
『女子高生の無駄づかい』第6話 性教育はB(坊主)L(ラブ)で


『女子高生の無駄づかい』第6話「性教育はB(坊主)L(ラブ)で」無料配信中>>

ビーノ原作の同名コミックを実写ドラマ化した『女子高生の無駄づかい』は、刹那的なきらめきに溢(あふ)れた"青春"をただただ無駄に浪費する女子高生たちの日常を描く超挑戦的コメディー。主演に岡田結実、そして恒松祐里、中村ゆりから、今をときめく若手女優が続々女子高生役で登場する。

第6話では、高校生にして「赤ちゃんは、市役所に紙を出して受理されたらできる」と信じるロリに衝撃を受けたリリィ。そこでリリィはロリのため一肌脱ぐことに。少女漫画が分かりやすいと考えたリリィは、ヲタに相談。ちょっとエロめな少女漫画で"性"について教えようと思いつくが、手違いでロリにボーイズラブ漫画を渡してしまう。あまりにも刺激が強すぎると慌てたリリィたちは、漫画を回収しようと急いでロリの自宅に向かった。

原作コミックでも衝撃だった性教育回の実写ドラマに、ネット上では視聴者から「一番好きなBLボウズの話がまさかの実写で見れるとは(笑)」「再現度がすごかった」「リリィがぶっ飛んでた!」「まさか小林由依が性教育を教える日がくるとは(笑)」「間違えてBL本渡すところむちゃくちゃ笑えた」「こんな同級生ほしかった」といったさまざまな声が上がっていた。

『女子高生の無駄づかい』第6話「性教育はB(坊主)L(ラブ)で」無料配信中>>

(文/東恩納三沙子@HEW