佐藤健、バックハグからの「勝手にいなくなるな」に胸キュン続出! アドリブシーンも!?/『恋はつづくよどこまでも』第8話

2020/3/ 4 13:21

TBS系ドラマ『恋はつづくよどこまでも』第8話が3月3日に放送された。佐藤健のバックハグからの決めセリフに「キュンキュン通り越して震えた」「全女子を再起不能にした」などの反響が殺到している。

サムネイル
『恋はつづくよどこまでも』第8話


佐藤健の優しすぎるバックハグ......『恋はつづくよどこまでも』第8話無料配信中>>

第8話で、佐倉七瀬(上白石萌音)に好意を持つ入院患者・上条周志(清原翔)が、天堂浬(佐藤健)から暴力と精神的苦痛を受けたとして訴えを起こした。海外の病院に専属ナースとして一緒に付いて来るなら天堂への訴えを取り下げるという上条。考え抜いた七瀬は、退職届を出し、天堂のもとを離れた。突然いなくなった七瀬をようやく探し出した天堂は、七瀬を後ろから抱きしめると「勝手にいなくなるな。ずっと一緒にいるって言っただろ」と口にした。

佐藤のバックハグからの決めセリフに、ネット上では視聴者から「キュンキュン通り越して震えた」「全女子を再起不能にした」「もう心臓に悪すぎ......」「バックハグきたーーーー!!」「バックハグに涙腺が緩む」といった声が殺到。また冒頭で佐藤が上白石の髪をほどいたシーンについて、ライブ配信アプリ「SUGAR」で佐藤が「台本には書かれていないですけど、芝居をしていてほどきたくなった」と明かしており、これにも視聴者から「マジやられた。あのアドリブなに?」「やばいよけいにキュンとする~」「アドリブが神」「女子の心わかりすぎでしょ!」といった驚く声も上がっていた。

佐藤健の優しすぎるバックハグ......『恋はつづくよどこまでも』第8話無料配信中>>

(文/東恩納三沙子@HEW