多和田任益×松本岳の"欧米コンビ"が『100文字アイデアをドラマにした!』第8話で地上波再共演

2020/3/10 13:30

多和田任益と松本岳、特撮ドラマ『手裏剣戦隊ニンニンジャー』(テレビ朝日系)で"欧米コンビ"を演じたふたりがテレビ東京系『100文字アイデアをドラマにした!』第8話で再び地上波共演した。

サムネイル
『100文字アイデアをドラマにした!』出演の多和田任益・松本岳


『100文字アイデアをドラマにした!』第8話、多和田任益×松本岳のシリアス演技に鳥肌>>

『100文字アイデアをドラマにした!』は、視聴者からの100文字のアイデアをふくらませてストーリーにする実験ドラマ。3月9日に放送された第8話『人生公演、リハ日』で主演を務めたのは、ミュージカル『テニスの王子様』セカンドシーズンの手塚国光役や『文豪ストレイドッグス』太宰治役などで知られる人気若手俳優の多和田任益だ。

主人公の大学生・次郎(多和田任益)の1週間は、月月火火水水......と計14日ある。1日目はリハ日で、2日目は本番。リハーサルのある"絶対失敗しない人生"をおくる次郎だったが、新入生・立花薫(松本岳)が現れて以来、失敗することが増えていく――。

主役を演じる多和田と、キーマンである薫役を演じる松本は、2015年12月より放送された『手裏剣戦隊ニンニンジャー』では、それぞれキンジ・タキガワ/スターニンジャー役と加藤・クラウド・八雲/アオニンジャー役を演じていた。ふたりの組み合わせは"欧米コンビ"と呼ばれ、コミカルなやり取りが人気を集めた。

しかし、今回の『100文字アイデアをドラマにした!』第8話では、多和田と松本が特殊能力をめぐる緊張感あふれる会話を演じている。Twitter上では、"欧米コンビ"の再共演を喜ぶ声とともに「こういう演技もできるのね......」と驚く声も上がっている。「欧米コンビ売れちゃうなこれ!!!←」と改めて期待が高まったファンもいるようだ。

『100文字アイデアをドラマにした!』第8話、多和田任益×松本岳のシリアス演技に鳥肌>>

(文/原田美紗@HEW