記憶喪失の男がインスタントラーメンで記憶を取り戻した奇跡の関係『マツコの知らない世界』

2020/3/10 15:25

『マツコの知らない世界』(TBS系列)は、日常に潜む興味深いマツコ・デラックスも"知らない世界"を、その道を愛してやまないスペシャリストが紹介する番組。個性あふれる人物たちが熱くマツコに語りつくす、独特の世界観が話題となっている。3月10日(火)放送の内容は「インスタント袋麺の世界」だ。

サムネイル
『マツコの知らない世界』インスタント袋麺の世界


『マツコの知らない世界』最新話がGYAO!にて無料配信中>>


■インスタント袋麺の世界
1958年に即席麺が登場してから62年。インスタントラーメンは多様化しながら愛され、進化し続けている。今回は全国7500種類以上の袋麺を食べて来た男・大和一朗さんが語る「インスタント袋麺の世界」だ。

両親が共働きだったため、子どもの頃からインスタントラーメン中心の食生活だったという大和さん。高校生の頃、不幸にも交通事故で生死をさまよった結果、記憶喪失になってしまった。なんとか記憶を取り戻そうと医師の勧めで、子どもの頃大好きだったインスタントラーメンを食べることに。その香りがきっかけで記憶の一部を取り戻すことができたというから袋麺とはまさに奇跡的な関係だ。以来、大和さんは好きな袋麺を食べ続け、今では地元・大阪でインスタントラーメン専門店をオープンさせ、その魅力を発信している。

番組では、ロングセラーとなっている定番袋麺の特徴や味の変化を聞きながら、スーパーマーケットのプライベートブランドやご当地袋麺を紹介している。次々に登場するご当地袋麺にマツコの食欲が大爆発。もう誰にも止められない。

さらに大和さんオススメの「波麺と棒麺のベスト3」や、もう食べられない製造終了の袋麺をマツコが食べ尽くす。カップ麺ではなかなか表現できない香り高き「インスタント袋麺の世界」に驚かされる1時間となっている。

『マツコの知らない世界』最新話がGYAO!にて無料配信中>>

(文/トレンドニュース編集部)