100キロ超えOLは隠れ美人? ぽっちゃり女子の食生活に密着

2020/3/13 18:50

3月12日放送の『メッセンジャーの〇〇は大丈夫なのか?』(毎日放送)では、ぽっちゃり女子の食生活に密着。体重100キロ超えの会社員女性の食事に、スタジオから驚きの声が上がった。

サムネイル
『メッセンジャーの〇〇は大丈夫なのか?』ぽっちゃり女子の日常生活に密着


2人目のぽっちゃり女子としてあやまんJAPANユースの濃厚はるミルクも登場>>

同放送回にはまず、普段はOLとして働いているという女性が登場した。最後に測った体重は104キロだそうだが、この日に改めて測ってみると107.8キロ。「ソファの寸法を間違ってしまって、きつい」「ベッドに座るとベッドがきしむ」と、のっけから標準体形の人では考えられない悩みを口にした。

普段の食事は、朝はヨーグルトだけ、昼がサラダとスープ。夜は炭水化物を抜いておかずだけと、"ぽっちゃり女子"とは思えない量で済ませているのだそう。それでどうして体形が維持されているのかスタッフが不思議がると、「土日はちょっと食べちゃう」として、しゃぶしゃぶなら肉20皿、寿司(すし)40貫など暴飲暴食をしていることを明かした。

週末の買い物に番組が同行すると、そこでも驚きの食生活が明らかとなった。まず、買い物に出かけたにもかかわらず「お買物前におなかすいちゃったので」と焼き肉屋に入店。焼き肉ランチをご飯大盛りでオーダーした後、単品で焼き肉を6皿追加するというちょっとした腹ごしらえらしからぬ量を平らげる。その後も、移動のときはタピオカドリンクを欠かさないなど、「休日だけなんで」と言い食生活を披露していた。

ちなみにこの女性は現在彼氏はいないとのことだが、SNS等でぽっちゃり好き男性から言い寄られることは多いそう。それでも、「ぽっちゃり好きと付き合ったら負けな気がする」と、あくまでもぽっちゃり好きではない男性から好かれたい乙女心を吐露した。また、「今痩せている人が当たり前という世の中だけど、ぽっちゃりの人でも普通なんだよという世の中にしたい」と明るく語る。スタジオでも、キャラクターの明るさに加え容姿も「かわいい」「奇麗な顔をしてる」と好印象を持った人が多かったようだ。

2人目のぽっちゃり女子としてあやまんJAPANユースの濃厚はるミルクも登場>>

(文/大木信景@HEW