『テセウスの船』最終話、ついに犯人が明らかに 突然のハライチ澤部にも衝撃/※ネタバレあり

2020/3/23 15:25

TBS系ドラマ『テセウスの船』が、3月22日に最終回を迎えた。ついに真犯人が判明したのに加えて、お笑いコンビ・ハライチの澤部佑の意外すぎる配役など、視聴者を驚かせっぱなしの内容だった。

サムネイル
『テセウスの船』出演の竹内涼真・鈴木亮平


霜降り明星・せいやの迫真の犯人役演技>>

『テセウスの船』は、主人公・田村心(竹内涼真)が、父・佐野文吾(鈴木亮平)が起こしたとされる殺人事件を阻止するため、過去と現代を行き来するヒューマンミステリー。最終回が近づくにつれて、ネット上を中心とした視聴者の考察も盛り上がり、さまざまな人物が犯人候補として挙げられていた。最終話では、村の名士の息子・田中正志(霜降り明星・せいや)が犯人だったことが明らかになった。

田中正志の犯人説を唱える視聴者は存在していたものの、やはり演じているのがお笑い芸人ということで、本当に犯人だとは思っていなかった人々も多かった。これまで「犯人ではないのに妙に意味深長な表情をする」と少々ネタキャラ的な扱いを受けてきた彼が、まさか本当に犯人だったとは......。Twitter上では、「お前だけは違うから怪しい顔すんなと言われ続けた結果ホントに犯人だった件w」「こんな顔すな!って言われ続けたせいやが黒幕!」「霜降りせいやの演技力に正直驚きました」と驚く声が続出した。

しかし、最終回のサプライズはそれだけでは終わらなかった。ラストシーンで大人になった慎吾として登場したのは、なんとハライチの澤部佑だった。こちらも「最後の最後に全部持っていった感しかない(笑)」「竹内涼真と澤部が兄弟とか突然変異すぎんか、、、」「急な澤部で他が頭に入ってこんのよ」「澤部こそが衝撃のラスト」と驚きの声が相次いだ。

いくつも衝撃展開があり、『テセウスの船』最終話はなんと番組公式ハッシュタグがTwitterで世界トレンド1位を獲得するほどの盛り上がりとなった。2019年4月より放送された『あなたの番です』が社会現象とも言えるブームを巻き起こしたことも記憶に新しく、今後は視聴者にネット上で犯人を考察させることを狙ったミステリードラマが増えていきそうだ。

霜降り明星・せいやの迫真の犯人役演技>>

(文/原田美紗@HEW