最近話題のチャイを40年間毎日飲み続ける男&見ればあなたも押したくなる"印鑑の世界"『マツコの知らない世界』

2020/3/24 15:42

『マツコの知らない世界』(TBS系列)は、日常に潜む興味深いマツコ・デラックスも"知らない世界"を、その道を愛してやまないスペシャリストが紹介する番組。個性あふれる人物たちが熱くマツコに語りつくす、独特の世界観が話題となっている。3月24日(火)放送の内容は「チャイの世界」と「印鑑の世界」だ。

サムネイル
『マツコの知らない世界』チャイの世界


『マツコの知らない世界』最新話がGYAO!にて無料配信中>>

■チャイの世界/神原 博之(40年間毎日チャイを飲み続ける男)
近年、ドリンク業界で人気急上昇中のチャイ。東京の代官山や中目黒などオシャレ女子が集まる場所にチャイの専門店もオープンしている。手軽に濃厚な香りやスパイスの効能を楽しめる「チャイの世界」を語るのは、40年間毎日チャイを飲み続ける男・神原博之さんだ。

神原さんは日本のチャイ発祥と言われているお店に偶然アルバイトとして働き、その魅力のとりこになったそうだ。チャイの母国、インドを訪れるほど熱心に研究を重ね、今では自宅に約30種類以上の茶葉を常備して日々たしなんでいるという。神原さんは本場のチャイの作り方や、選りすぐったお気に入りのチャイ店を紹介している。また、40年間かけてたどり着いた、自宅でおいしいチャイを作れる茶葉の組み合わせも紹介している。

さらに、スイーツに変化した「チャイ×あんこ」「チャイ×ラム酒」「チャイ×かき氷」なども登場!!果たしてマツコが気に入るスイーツはどれなのか?

サムネイル
『マツコの知らない世界』印鑑の世界


■印鑑の世界/真子 茂(30個の印鑑を使い分ける男)
紙の書類や印鑑を減らす風潮の昨今、印鑑専門店の数も30年で4分の1、職人として認められる試験の受験者数も45年で3分の1と少なくなっている。そんな現状に憂いているのが「印鑑の世界」を語る真子茂さんだ。

真子さんは印鑑専門雑誌の編集を始めてから、旅行先の香港でたまたまカワイイ印鑑と出会って以来、ポップな印鑑も集め出し、今では100個以上のコレクションを持ち、日々30個の印鑑を使い分けているという。

真子さんはキレイに押せる印鑑や、つい使いたくなるアイデア印鑑、イラストを主役にしたモノなど印鑑の最新事情を話しつつ、印鑑の魅力を解説している。

そして真子さん推薦の若き匠もスタジオに登場!数々の大会で優勝・受賞を誇り全国技能士会連合会マイスターに最年少で認定された神尾尚宏さんの特別な印鑑をマツコと楽しんだ。

『マツコの知らない世界』最新話がGYAO!にて無料配信中>>

(文/トレンドニュース編集部)