「ウンコで負けるとか嫌!」 100万円はどのカップルに!? "完全車内同棲(どうせい)100時間レース"完結

2020/3/24 17:32

カップルの過酷な車内生活に密着するリアルドキュメンタリー『完全車内同棲 LOVEドライブ』の完結編となる第3回が配信された。体力的にも精神的にも限界が近づくなか、見事1組のカップルがゴールである東京に到着。賞金100万円を手にした。

サムネイル
『完全車内同棲 LOVEドライブ』#3 超過酷レース完結


リタイアを決めた彼氏の行動に「まじで...なにしてんの? あーあ...」>>

人気放送作家・高須光聖が企画・構成を担当した同番組は、「車から1歩でも降りれば即失格」というルールのもと、カップル3組が食事・睡眠・トイレまで車の中で行いながら750km先のゴールを目指すというもの。「オラオラ系ヤンキーカップル」「イケメン性欲おばけカップル」「彼女が台湾生まれの国際カップル」の3組の男女が挑戦した。

その過酷さゆえに参加者たちの余裕がみるみるなくなってゆくレースは、3日目に入りギスギスした空気にさらに拍車がかかる。「国際カップル」は朝からテンションの低い男性に対し女性が「起きてから全然何言ってるのかわかんない」と言えば、そこから「耳悪いんだよ」「聞き取れね―よ!」の言い合いに。「ヤンキーカップル」は、限られた金額しか使えない中、ビールとおつまみを購入した男性に女性がブチギレ。「髪を洗う水が買えたのに、なんでビールって言ったの? なんでおつまみ頼んだ?」と問い詰められた男性は「こんな危機的状況で髪洗いたいと言うとは思わなかった」と返すが、「自分のものさしで髪洗わなくていいと思ったとか勝手に決めないでほしいんだけど」と女性は泣き出してしまう。

「イケメン性欲おばけカップル」は、男性が「排泄(はいせつ)問題」にイライラを爆発。車内の後方で用を足すことがどうしてもできず、「無理だ」「やっぱ無理だ、トイレは」「ダメだ、やっぱ俺モデルとしてのプライドでできん!こんなことできん!無理だ!」と「無理だ」を連発した。

そしてとうとう、リタイアするカップルが出てしまう。リタイアの理由は、やっぱりトイレの問題だった。

残る2組は4日目、最後のお題をクリアすると勝利目指して東京へ。ようやく終わりが見えてきたことでどちらのカップルも仲直りし、また人の親切心にも触れケンカの涙ではなく感謝の涙を流す一幕もあった。果たして先にゴールして賞金100万円を手にするのはどちらのカップルだったのか!?

リタイアを決めた彼氏の行動に「まじで...なにしてんの? あーあ...」>>

(文/大木信景@HEW