松岡昌宏の主演ドラマ『家政夫のミタゾノ』が新シリーズ放送直前 今度のミタゾノは"ナチュラルメイク"?

2020/3/30 17:28

テレビ朝日系『家政夫のミタゾノ』の新シーズンが、4月24日から放送開始する(毎週金曜23時15分より放送)。動画配信サービス『GYAO!』では過去シリーズを4月24日21時までの期間限定で一挙無料配信中。

サムネイル
松岡昌宏主演『家政夫のミタゾノ(2016)』


『家政夫のミタゾノ(2016)』過去シリーズを無料配信中>>

剛力彩芽も出演『家政夫のミタゾノ(2018)』無料配信中>>

Hey! Say! JUMPの伊野尾慧も出演『家政夫のミタゾノ(2019)』無料配信中>>

『家政婦のミタゾノ』は、家政夫の"ミタゾノさん"こと三田園薫(松岡昌宏)が、派遣された家庭の内情を覗(のぞ)き見し、そこに巣くう"根深い汚れ"をすっきり落とすヒューマンドラマ。ミタゾノ役を演じる松岡昌宏の女装がインパクト大なのはもちろん、パロディや時事ネタ、さらに「醤油(しょうゆ)のシミは大根でたたくと落ちる」といった劇中で紹介される家事テクニックが人気を集めている。

第4シーズンにあたる最新作には、ミタゾノと共に行動する若き家政婦・村田光役で、Hey! Say! JUMPの伊野尾慧が引き続き出演する。前シーズンのラストで「アイドルを目指す」と衝撃宣言をした光は、休日にダンスレッスンに励みながら、やや腰掛け気味に家政夫業を続けているという。

また、第1シーズンでは清水富美加、第2シーズンでは剛力彩芽、第3シーズンでは川栄李奈が『むすび家政婦紹介所』に所属する家政婦役を務めたが、今回は飯豊まりえが家政婦役を演じる。飯豊演じる新人家政婦・霧島舞は、人間観察が趣味。忖度(そんたく)とうそが苦手で、笑顔のまま歯に衣着せぬ物言いをしてしまうせいで、思いもよらぬトラブルを巻き起こしてしまうことも......。ミタゾノに興味を示す霧島によって、彼の秘密が何か明かされるかもしれない。

第4シーズンの第1話でミタゾノたちが派遣されるのは、次期環境大臣に内定している"Mr.クリーン"こと議員の岩瀬和夫(尾美としのり)の自宅だ。岩瀬の裏の顔を知ったミタゾノはどう動くのか? 約1年ぶりの新作でも、ミタゾノが唯一無二のダークヒーローぶりを発揮してくれそうだ。

なお、『GYAO!』では過去シリーズを4月24日21時までの期間限定で一挙無料配信中。松岡昌宏は「相変わらずミタゾノのメイクは体が覚えていました」「最初はアイシャドーやラメも入れていたんですけど、誰にも気づかれないからやめちゃいました! 今のミタゾノは"ナチュラルメイク"です」とコメントしており、シーズンごとのメイクの違いに注目しても楽しめそうだ。

『家政夫のミタゾノ(2016)』過去シリーズを無料配信中>>

剛力彩芽も出演『家政夫のミタゾノ(2018)』無料配信中>>

Hey! Say! JUMPの伊野尾慧も出演『家政夫のミタゾノ(2019)』無料配信中>>

(文/原田美紗@HEW