『恋つづ』佐藤健23歳の初々しい姿も......『徹子の部屋』傑作選で"実力派イケメン"俳優の貴重映像

2020/4/14 18:19

放送45年目に突入したテレビ朝日系『徹子の部屋』では傑作選を放送中。4月13日は"実力派イケメン編"として、佐藤健、松坂桃李、菅田将暉の過去出演回を再編集して放送した。

サムネイル
『徹子の部屋』佐藤健 松坂桃李 菅田将暉「45年目傑作選SP」実力派イケメン編


黒柳徹子に飴をもらって喜ぶ23歳の佐藤健>>

佐藤健は、2012年4月に同番組に初出演した。当時は23歳になったばかりで、長髪なのが新鮮だ。黒柳徹子から「あなた物静かね」と言われて、佐藤は「(スタジオが)独特の空気で緊張しています。初めての感じです」とはにかんでいた。また、「頭にお菓子が入っているって本当ですか?」と徹子にたずね、髪から取り出したあめを渡されると、「チョコとかもあるんですか?」と素朴な質問をぶつけていた。

初登場は初々しい佇(たたず)まいだったが、2016年に放送された出演回では、さすがにトーク番組も慣れた様子。主演映画『世界から猫が消えたなら』で共演した猫のパンプくんを抱え、とどき猫をなでながらトークを繰り広げた。ほかにも高校生時代の写真や、小学生時代の写真なども披露された。

もちろん、菅田将暉や松坂桃李の初出演回も収められている。菅田は2019年7月、初出演でも徹子と堂々たるやりとりを繰り広げ、アカペラの歌声まで披露した。松坂は2018年4月が初出演で、俳優デビュー作『侍戦隊シンケンジャー』を振り返った。

黒柳徹子に飴をもらって喜ぶ23歳の佐藤健>>

(文/原田美紗@HEW