レースクイーンがデスメタルバンドのボーカルに転身!? マツコ・デラックスを圧倒した美女たちの近況『マツコ会議』

2020/4/20 17:52

4月18日に放送された日本テレビ系『マツコ会議』では、かつて同番組に登場した美女たちのその後に迫った。

サムネイル
『マツコ会議』マツコを圧倒したレースクイーンのその後


マツコを圧倒した美女たちのその後は?>>

今話題のディープな場所と中継を結び、マツコ・デラックスたちが知られざる場所を深掘りしていく『マツコ会議』。2018年10月に放送された同番組は、総勢76人の現役レースクイーンと中継をつないだ。

その際、月収50万円を稼いでいることを告白してマツコを驚かせた林紗久羅さんは、なんと翌年に「日本レースクイーン大賞2018」グランプリに輝いた。林さんは、「マツコさんが宣伝上手と褒めてくれたので、グ~ン!といきました」とうれしげに報告した。受賞を記念して2019年12月には写真集まで発売したそうで、「1年でも2年でも3年でも、少しでも長くレースクイーンを続けられればいい」と相変わらず美しい笑顔でほほえんだ。

また、学生時代にデスメタルバンドのボーカルを担当していたとして、シャウトまで披露していたaym(あゆむ)さんは、その後デスメタルバンド・Serenity In Murder(セレニティ・イン・マーダー)の2代目ボーカルに就任したそう。バンドメンバーには、「フロントマンは、華も必要。人前に立つ職業をやっていた人はそれが備わっている」と太鼓判を押されていた。アルバムリリースに向けて猛特訓中のaymさんは、実際に楽曲も披露している。

ほかにもミス・インターナショナル代表を務めた現役東大美女や、若手美人社長たちが近況を報告。美しさは放送当時からそのままに、パワフルな活躍ぶりを明かしている。

マツコを圧倒した美女たちのその後は?>>

(文/原田美紗@HEW