四千頭身が『有吉の壁』で披露した"キモキモキーモくん"がキモすぎる!?「すでに中毒症状」という声も

2020/4/24 17:18

お笑いトリオ・四千頭身が日本テレビ系『有吉の壁』で披露したネタ"キモキモキーモくん"に対して、視聴者から「キモすぎ」と悲鳴が上がった。

サムネイル
『有吉の壁』四千頭身の"キモキモキーモくん"


一度見たらクセになる? 四千頭身の"キモキモキーモくん">>

『有吉の壁』は、お笑い芸人たちが有吉弘行を全力で笑わせようとする「純度100%のお笑い番組」。4月22日に放送された同番組では、チョコレートプラネット『TT兄弟』を超えるヒットキャラを生み出すことを目指す企画『ブレークしそうなキャラ芸人選手権』が行われた。

四千頭身が披露したネタは、都築拓紀が演じる"キモキモキーモくん"というキャラクターが、消しゴムをなめたり、「誰かが使ったばんそうこう」を自慢するといった奇行の後に「キモキモキーモくん! ピカー!」と満面の笑みを浮かべるというもの。有吉は「ひでぇ!」と大笑い。宮下草薙の宮下兼史鷹は、「子供のころに読んだコロコロコミックを思い出す」とコメントした。

一度見たら忘れられない(?)ネタに対して、Twitter上では、「キモキモキーモくんキモすぎるwww」「想像以上にキモすぎてビビった」「あんな短時間で『きもい』を連発したのは初めてでした」と視聴者から悲鳴が続出した。一方で、「キーモくん強烈すぎてすでに中毒症状が笑」という感想もあり、衝撃的だからこそクセになるネタでもあるようだ。

他にもティモンディは"絶対チョキしか出さないマン"、ワタリ119は"けけもっちゃん"というキャラを披露した。妙なテンポの良さがあるけけもっちゃんに対して、有吉は「全然ウケない」と冷静に指摘しつつも、「不思議な魅力はありました」とコメントした。

一度見たらクセになる? 四千頭身の"キモキモキーモくん">>

(文/原田美紗@HEW