新川優愛&町田啓太が"ドロキュン"ドラマ『ギルティ』第1話をオーディオコメンタリーで振り返る

2020/4/24 19:02

読売テレビ・日本テレビ系ドラマ『ギルティ~この恋は罪ですか?~』再編集版の第1話が、4月23日に放送された。新川優愛と町田啓太によるオーディオコメンタリーでは、あの修羅場シーンについても語った。

サムネイル
『ギルティ~この恋は罪ですか?~』【特別編】第1話


新川優愛&町田啓太も衝撃を受けたラストシーン>>

同ドラマは、丘上あいによる累計150万部の人気漫画が原作。女性誌編集者の爽(新川優愛)の完璧な生活は、愛する夫・一真(小池徹平)の裏切りをきっかけに崩れ去る。傷ついた爽の唯一の心の支えは、偶然再会した高校時代の恋人・秋山(町田啓太)だった――。

新型コロナウイルスの感染拡大による影響で、第4話以降の放送が延期になった代わりに再編集版が放送されることになった。再編集版の第1話では、元恋人同士を演じる新川優愛と町田啓太が特別メッセージ&オーディオコメンタリーを担当した。

ときに雑談も交えながら、ふたりは副音声で、意外なシーンで苦労したことなど撮影の裏話を明かしていく。町田演じる秋山の初登場シーンでは、新川は「この登場はズルいですよ!」と熱弁した。高校時代の爽と秋山の回想シーンに入ると、新川が「制服、いかがでしたか?」と質問。町田は「本当にギルティ。大丈夫か? 俺、ダメか? 大丈夫か?」と苦笑いで、新川は「大好評でしたよ!」と励ました。

また終盤の衝撃シーンに近づくと、改めて視聴したふたりも「ヒェ~......」と緊張気味なリアクションで、「1話から、『そういうことなの? そこと、そこがつながっているの?』ってところですよね」(新川)「台本読んでもびっくりでしたからね」(町田)とコメント。町田は「これは第一衝撃」と当該シーンを評し、「このドラマに(衝撃が)何個あるんでしょうか?」と視聴者にアピールした。

なお、4月30日深夜24時9分からは特別編集版の第2話を放送予定。今度は新川優愛と小池徹平が特別メッセージ&オーディオコメンタリーを担当する。

新川優愛&町田啓太も衝撃を受けたラストシーン>>

(文/原田美紗@HEW