実力派コンビが選ぶ漫才ネタのセルフベストとは? 銀シャリ、笑い飯らが『MBS Thats!オール漫才』に登場

2020/4/27 18:30

漫才番組『MBS That's!オール漫才』が、4月26日より放送スタートした。初回は、銀シャリ、ダイアン、笑い飯、ティーアップの4組が"セルフベスト"に選んだネタを発表した。

サムネイル
『MBS That's!オール漫才』実力派コンビが選ぶネタのセルフベスト


「今こそ笑おう!」実力派コンビによるセルフ傑作選を無料配信中>>

数多くの漫才番組を制作してきたMBSが新たに生み出す同番組は、4組の人気漫才師が、MBSの番組で披露してきた自分の漫才VTRリストの中から傑作ネタを選ぶというもの。

『M-1グランプリ2016』王者の銀シャリは、MBSで漫才18本を披露してきた(※『オールザッツ漫才』は除く)。第4位は『彼女紹介』(2018年放送)、第3位は『フルマラソン』(2012年放送)、第2位は『カラオケ』(2017年放送)と続き、第1位に選ばれたネタは、『伸ばし棒』(2019年放送)だった。

橋本直の「スープって伸ばし棒、全部つくよね」という何気ない一言から生まれたネタで、盛りだくさんのアドリブが見どころらしい。橋本は「お客さんに育ててもらったネタ」とコメント。改めて漫才VTRが公開された後、現在は『伸ばし棒』の進化版『野菜』というネタが完成していることも明かされた。

また、笑い飯が第4位に選んだ『小銭の神様』(2010年放送)は、『M-1グランプリ2010』優勝前に収録された貴重な映像だ。西田幸治は、「『これをM-1でやるんだ!』という顔でやっていると思います」と語った。また、第1話『桃太郎』(2018年放送)について語る中では、哲夫が祖母とのエピソードを披露した。

他にもティーアップは「テレビでも舞台でも見ることができるのはこれが最後」という幻のネタ、ダイアンは「好きすぎてほとんど披露していない」と明かす貴重なネタを発表した。なお、『MBS That's!オール漫才』の次回放送は、5月31日14時~予定。次は一体どんな漫才師が登場するのだろうか?

「今こそ笑おう!」実力派コンビによるセルフ傑作選を無料配信中>>

(文/原田美紗@HEW