『きょうの猫村さん』第5話、猫村さんの「にぎにぎ......」はエンドレスで見ていたい?

2020/5/ 7 16:47

松重豊が"猫の家政婦"役で主演するテレビ東京系ドラマ『きょうの猫村さん』第5話が、5月6日に放送された。猫村さんが「にぎにぎ......」とおにぎりを握る姿が「かわいすぎる」と注目を集めている。

サムネイル
『きょうの猫村さん』第5話


猫の被り物をした松重豊が「にぎにぎ......」>>

同ドラマは、ほしよりこの大人気漫画が原作。自分を拾ってくれた飼い主・ ぼっちゃん(濱田岳)との再会を果たすため、家政婦として働いてお金をためようとする猫村ねこ役を松重豊が被り物姿で演じている。

猫村さんの奉公先である犬神家は、なんだか複雑な事情を抱えていそうな様子。第5話では、夕食の時間なのに自室にひとりこもったままの長女・尾仁子(池田エライザ)を心配して、猫村さんが特製ネコムライスを部屋まで届けに行った......のだが、なんと尾仁子は「愛情なんかいらねーよ」と皿をはねのけた。

猫村さんは、「もったいないわ、ネコムライス。おにぎりに、おにぎりに......」とつぶやいて、テーブルの上にぶちまけられたネコムライスをかき集めた。なんとも切ないシーンではあるのだが、「にぎにぎ、にぎにぎ、にぎにぎ......」と口に出しながらおにぎりを握る姿にときめいた視聴者が続出。Twitter上では、「とにかくにぎにぎしてるの可愛いすぎた」「効果音を自分でいうだなんて...!」「もうエンドレスで見ていたい」と称賛の声が上がった。

またセーラー服姿で不良少女を演じる池田エライザも好評。時代を感じさせるアイテムがあしらわれた自室も「尾仁子お嬢様の部屋かわゆい」「お部屋のドアの『Onico』がかわいい笑」と評判だ。

猫の被り物をした松重豊が「にぎにぎ......」>>

(文/原田美紗@HEW