MEGUMIの「あんた、好きやで」に爆笑!『浦安鉄筋家族』第5話のアドリブ合戦は必見

2020/5/11 18:04

テレビ東京系ドラマ『浦安鉄筋家族』(毎週金曜深夜0時12分放送)第5話での大沢木家と西川家のバトルが話題になっている。大沢木大鉄役を演じる佐藤二朗が「彼らのこういうのを、アドリブと言うのです」など感想をツイートした。

サムネイル
『浦安鉄筋家族』5発目


MEGUMIの「あんた、好きやで」が笑えるアドリブ合戦>>

同ドラマは、漫画家・浜岡賢次による長寿ギャグ漫画シリーズが原作。千葉県浦安市を舞台に、大沢木家を中心とした騒動を描いた"エクストリーム・ホームコメディ"だ。第5話では、大沢木家の隣に、関西人のドケチ家族・西川家が引っ越してきた。

大鉄・順子(水野美紀)夫婦と西川父(バッファロー吾郎A)・西川母(MEGUMI)夫婦の関東vs.関西のプライドを懸けた世紀の東西バトル(!?)は、なぜか野球ゲームで決着をつけることになった。

この対決のシーンは、役者たちのアドリブが満載。とくに罰ゲームを受けて悶絶(もんぜつ)しつつもゲーム続行を決めた西川父を西川母が「あんた、好きやで」と励ますシーンでは、バッファロー吾郎AもMEGUMIもツボにハマったのか、思わず吹き出してしまっていた。大鉄役を演じる佐藤二朗は、「『好きやで』って言われて、ちょっと照れやがって」とツッコミを入れ、順子役を演じる水野美紀も負けじと「お父ちゃん、かっこいい」。役者たちの素の笑い声も交えながら、アドリブ合戦が繰り広げられた。

Twitter上でドラマを実況していた佐藤二朗は、「『あんた...好きやで』、おそらく、今年のドラマの台詞、ナンバーワンだろう。知らんが。てか、MEGUMIが勝手に発した台詞だが」とMEGUMIが生み出した即興のセリフを称賛。「てか、笑うな。周り、笑うな。移るから」と楽しげに続けた。

また、佐藤は「てか、俺をアドリブアドリブ言う方々、今のシーン見た?ホント俺だけ、俺だけ台詞通りよ」と明かし、「バァファロー吾郎Aさん、MEGUMIちゃん、水野美紀ちゃん、感性と技術ある方々が存分にアドリブ合戦。俺は何もしてない。彼らのこういうのを、アドリブと言うのです」と共演者たちを称えた(たたえた)。

MEGUMIの「あんた、好きやで」が笑えるアドリブ合戦>>

(文/原田美紗@HEW