ハンサム? ハンサムじゃない......とも言い切れない? ぺこぱシュウペイがドラマ『浦安鉄筋家族』で店員役

2020/5/12 16:02

お笑いコンビ・ぺこぱのシュウペイが、テレビ東京系ドラマ『浦安鉄筋家族』(毎週金曜深夜0時12分放送)第5話にスーパーの店員役で登場。大沢木順子(水野美紀)からぺこぱ風のツッコミをくらわされている。

サムネイル
『浦安鉄筋家族』出演のぺこぱ・シュウペイ


店員シュウペイ、「ハンサム」と呼ばれて笑顔>>

同ドラマは、漫画家・浜岡賢次による長寿ギャグ漫画シリーズが原作。千葉県浦安市を舞台に、大沢木家を中心とした騒動を描いた"エクストリーム・ホームコメディ"だ。5月8日深夜に放送された第5話では、大沢木家と、関西人のドケチ家族・西川家のバトルが描かれた。

シュウペイが演じたのは、順子と西川母(MEGUMI)が訪れたスーパーの店員役。順子の順番を割り込みした西川母は、レジに立つ店員に「な、ハンサム!」と呼びかけ、そこに順子は「ハンサムじゃありません!」と食ってかかった。さらに順子は「ハンサムじゃありません! ......とも言い切れない」「ちょっと否定しなさいよ! ニコニコ、ニコニコしている......のは店員の鑑!」とぺこぱ風の"優しいツッコミ"を店員にくらわせている。

なお、シュウペイにとっては今回がドラマ初出演。なんと番組公式Twitterアカウントの「我こそは原作ファンだという俳優・タレントの皆さま!是非、ご応募お待ちしております」という募集に対して、原作の大ファンであるシュウペイがメッセージを送ったことにより、ゲスト出演が実現した形だ。

順子と西川母に絡まれてタジタジになる演技はなかなか好評で、Twitter上では、「普通に俳優さんに見える」「役に合ってて凄く良かったです」「にこにこだったりびびってたり表情が良かった」「表情の演技素晴らしかった」といった声が寄せられている。

店員シュウペイ、「ハンサム」と呼ばれて笑顔>>

(文/原田美紗@HEW