佐々木希のギャル系女子高生役がハマりすぎ! 2009年公開の映画『天使の恋』を無料配信中

2020/5/13 18:19

佐々木希の初主演映画『天使の恋』(2009年公開)が、動画配信サービス『GYAO!』にて5月30日23時59分まで無料配信中。人気絶頂時の佐々木が、心に傷を抱えた女子高生役を演じている。

サムネイル
『天使の恋』主演の佐々木希


佐々木希の輝くばかりの美しさ! 映画『天使の恋』を無料配信中>>

『天使の恋』は、シリーズ累計70万部を突破した大人気ケータイ小説が原作。飛び抜けた美しさを持つ17歳の少女・理央(佐々木希)は、常に仲間の中心にいるが、過去のトラウマから他人を信じられずにいた。しかし、どこか寂しげな 35歳の大学講師・光輝(谷原章介)と出会い、運命の恋に落ちる――。

本作が初主演作にあたる佐々木は、「過去のトラウマのせいで、自分に役立つ人間と、お金にしか興味が持てないヒロイン」という難役に挑んだ。当時すでに成人している佐々木だが、ギャル系の女子高生ファッションが驚くほどの似合いっぷり! さらにシャワー上がりのシーンでは、輝くような美背中を披露している。水着やドレスなど、さまざまなファッションに身を包む佐々木を眺めるだけでも楽しめそうだ。

とはいえ本作の真の魅力は、理央と光輝との切ないラブストーリーにある。初めて人を愛することを知り、生まれ変わろうとする理央。そして、彼女に惹(ひ)かれつつも、どうしても受け入れられない理由を抱えた光輝――。雨の中のラストシーンは、切なくも美しい。胸キュンと同時に、苦しいほど切ない気持ちにさせてくれる作品だ。

佐々木希の輝くばかりの美しさ! 映画『天使の恋』を無料配信中>>

(文/原田美紗@HEW