『きょうの猫村さん』第6話、石田ひかりのセリフが染みる「今日も明日になれば昨日だよ」

2020/5/14 16:00

松重豊が"猫の家政婦"役で主演するテレビ東京系ドラマ『きょうの猫村さん』第6話が、5月13日に放送された。初仕事でお疲れの猫村ねこ(松重豊)を励ます村田の奥さん(石田ひかり)の言葉が心に染みた視聴者も多かったようだ。

サムネイル
『きょうの猫村さん』第6話


『きょうの猫村さん』第6話、冒頭のおにぎりにも注目!>>

同ドラマは、ほしよりこの大人気漫画が原作。自分を拾ってくれた飼い主・ ぼっちゃん(濱田岳)との再会を果たすため、家政婦として働いてお金をためようとする猫村ねこ役を松重豊が被り物姿で演じている。

猫村さんの奉公先である犬神家は、なんだか難しい事情を抱えている雰囲気だ。初仕事を終えて村田家政婦紹介所に戻ってきた猫村さんも、さすがにくたびれた様子だった。同僚の山田(市川実日子)に「頑張りすぎはだめよ」と励まされて、猫村さんは「たしかに『爪とぐ猫も休み休み』って昔から言うものね」と猫界のことわざ(?)に思い至り、「私も休まなきゃ......」とそのまま眠ってしまった。

その後、村田の奥さんも「今日は大変だったかもしれないけど、今日も明日になれば昨日だよ。よーく寝て、明日になったら"昨日"のことは忘れちゃいな」と猫村さんを元気づけた。猫村さんと同じく、この言葉に励まされた視聴者は多かったようだ。

Twitter上では、「いい言葉」「なんか響いた」「ちょっとグッと来ちゃったわ」「はい名言いただきましたー!」といった声が寄せられている。肩の力が抜けるような雰囲気の中に、そっと心に寄り添う言葉が仕込まれているところも本作の魅力なのだろう。

なお、冒頭で猫村さんは食べているおにぎりをよく見ると、犬神家の長女・尾仁子(池田エライザ)にぶちまけられてしまった特製ネコムライスをリメイクしたものだとわかる。前回のラストで「にぎにぎ、にぎにぎ......」と握っていたのはこれか、と小ネタにニヤリとさせられる。

『きょうの猫村さん』第6話、冒頭のおにぎりにも注目!>>

(文/原田美紗@HEW