刑事ドラマでも「まれいたそかわいい」! 人気声優・内田真礼が『警視庁・捜査一課長 2020』第6話にゲスト出演

2020/5/15 15:35

「中二病でも恋がしたい!」小鳥遊六花役や「約束のネバーランド」ノーマン役などで知られる人気声優の内田真礼が、テレビ朝日系『警視庁・捜査一課長 2020』第6話にゲスト出演。キャンプ場のスタッフ・大田里香役を演じた。

サムネイル
『警視庁・捜査一課長 2020』第6話


絶叫シーンも熱演! 内田真礼がゲスト出演した『警視庁・捜査一課長 2020』第6話>>

同ドラマは、"ヒラから成り上がった叩き上げ(たたきあげ)の刑事"大岩純一(内藤剛志)を主人公としたミステリードラマ。5月14日に放送された第6話では、都内のキャンプ場で、キャンプ場には不似合いなスーツ姿の男の遺体が発見された。

内田が演じた大田里香は、遺体の第一発見者だ。キャンプ場のスタッフとして、被害者の様子や怪しい男性客の行動など、重要な証言を残した。怪しい男性客と熊木貴代(釈由美子)の複雑そうな関係を察したときの表情がなんともかわいらしい。写真集を発売するなど、キュートなルックスでも人気を集める内田が、実写ドラマでも魅力を発揮した形だ。

Twitter上では、「まれいたそ(内田の愛称)かわいい」という声が続出。内田が犯人かどうか固唾(かたず)をのんで見守ったファンも多かったようで、今回の第6話は声優ファンからも注目を集めるエピソードとなった。内田は番組放送後、「ドキドキしながら見てました?どうだったかなー?わたしは、自分がでてるとこはずっと固まって緊張しながら見てたよー。笑」とツイートしている。

絶叫シーンも熱演! 内田真礼がゲスト出演した『警視庁・捜査一課長 2020』第6話>>

(文/原田美紗@HEW